MAIL MAGAZINE

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

第148号 2017年5月24日 

こんにちは。
ギャラリーKAIの小林です。

東京は、薫風香る5月・・を飛び越えて
早くも真夏のような日差しが続いています。

皆さま、お変わりないでしょうか。

本格的な梅雨が始まる前の貴重なひと時を
楽しみたいですね。

本日のKAI覧版は5月に引き続き
「着付け教室」のご案内です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

☆着付け教室

「京都の暮らしと文化を語る会」で
お馴染みの京都西陣の呉服商・古河一秀さん、
玲子さんによる着付け教室です。

先日、第一回を行いました。

ご自分で着た経験が無いという方が
ほとんどでしたが、着物を着て名古屋帯を
結ぶところまで、ご指導いただきました。

前回の様子はこちらでご紹介しています。

私も皆さんに交じって奮闘し、
母から譲られた着物に初めて袖を通しました。

後日、その写真を母に見せると、今では着ることも
叶わなくなった母の胸に、遠い昔の日々が
甦ったのでしょうか。。気がつけば着物談義が
始まり、母の顔もピンク色に染まっていました。

着物の良いところは、世代を経て長く引き継がれる
ということ。

そして、大切な人から譲られた着物を活かしていくことは
その方への恩返し・・。最近よく思うことです。

お着物はあるけれど、着れなくて持て余している
お荷物になってしまっている、などなどお悩みの
ある方もぜひ一度、トライしてみてください。

少人数制の和気あいあいとしたお教室です。

お気軽にどうぞ。

着付け教室

日程:6月10日(土)
7月 8日 (土)

レッスンは大体2時間程度です。
ご都合の良い開始時間を下記からお選び
戴きご予約ください。

①13時半~15時半
②16時~18時

料金:1回につき3000円

ご予約は、メールにて承ります。

★6月からレッスンの時間は2時間となります。
料金は変わりません。

★全くお着物を着たことがないという初心者の方、
着れるけれど、復習したい、ここがうまくいかない、
帯の結び方に自信がない・・・などなど
どんな方でもお気軽にご参加ください。

毎回のご参加も大歓迎です!

着付け教室でご用意戴くものは
次の通りです。

着物、帯(名古屋帯または袋帯)、長襦袢、
肌襦袢、足袋、帯締め、帯揚げ、腰紐3本、
伊達締め2本、コーリンベルト、帯板、
帯枕、薄手タオル2枚

もし、持ち合わせがない方はレンタルも
ご用意していますのでお申込みの際に
お書き添えください。

レンタルは、一式の場合5000円。
その他の場合につきましては
ご相談ください。

*肌襦袢と足袋のみはご購入
戴くことになります。
価格は約6000円です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★武田千秋さんの工房を訪ねて

9月に個展を予定している山形在住の陶芸家・
武田千秋さんの工房を訪ねました。
折しも山形は山菜の季節!
お母さま手作りの山菜料理もご紹介しています。

こちらからどうぞ 

武田千秋 陶展

2017年9月23日(土)~10月1日(日)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

以上、第148号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

感謝を込めて。

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

第147号 2017年4月20日 

こんにちは。
ギャラリーKAIの小林です。

先日、久しぶりに通った道端に
ふと目をやると白いたんぽぽが
ふわふわと風に揺れていました。

都会の真ん中の僅かな土の上にも
春が来ていることに嬉しさを感じる
今日この頃です。

本日のKAI覧版は来月から始まる
「着付け教室」のご案内です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

☆着付け教室

「京都の暮らしと文化を語る会」で
お馴染みの京都西陣の呉服商・古河一秀さん、玲子さん
による着付け教室を開催します。

前回の教室は、4か月コースで行いましたが
この度はどなたにも参加して戴きやすいように
毎回、募集することにしました。
5月から7月にかけて毎月開催しますので、
ご都合合う会に出て下さればと思います。

全くお着物を着たことがないという初心者の方、
着れるけれど、復習したい、ここがうまくいかない、
帯の結び方に自信がない・・・などなど
どんな方でもお気軽にご参加ください。

毎回のご参加も大歓迎です!

着付け教室でご用意戴くものは
次の通りです。

着物、帯(名古屋帯または袋帯)、長襦袢、
肌襦袢、足袋、帯締め、帯揚げ、腰紐3本、
伊達締め2本、コーリンベルト、帯板、
帯枕、薄手タオル2枚

もし、持ち合わせがない方はレンタルも
ご用意していますのでお申込みの際に
お書き添えください。

レンタルは、一式の場合5000円。
その他の場合につきましては
ご相談ください。

*肌襦袢と足袋のみはご購入
戴くことになります。
価格は約6000円です。

日程:5月13日(土)13時~17時
6月10日(土)13時~17時
7月 8日 (土)13時~17時

レッスンは大体1時間程度です。
ご都合の良い開始時間を下記からお選び
戴きご予約ください。

①13時~
②14時~
③16時~

料金:1回につき3000円

ご予約は、メールにて承ります。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

以上、第147号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

感謝を込めて。

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛
第146号 2017年3月27日

こんにちは。
ギャラリーKAIの小林です。

東京の桜も一輪、また一輪。
日を追うごとに開いてきました。

長い冬もようやく明けて
花の芽吹きに心浮き立つ季節。

桜色に染まる駒込で
Be a Pal! シャツのマルシェが
もうすぐ始まります。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Be a Pal! シャツのマルシェ vol.2

昨年の10月にご好評戴いたシャツのマルシェ第二弾は
春のコレクションです。

フランスの旅の途上で出会った
生地をはじめ、リバティの春らしい
柄もの、ビジネスライクな白やストライプの定番
など約80から100種類の生地が揃います。

今回特にお薦めの生地は、DMにも掲載されている
ギンガムチェック。

ギンガムチェックはおそらく一度は
着たことがあるという方も多いのでは
ないでしょうか。

それほどポピュラーなものですが、だからこそ
違いが際立つ柄でもあることを・・・
今回ほど意識したことはありません。

地中海の青空を思わせるブルーギンガムに誘われて、
一足早くスプリングコートをオーダー
しました。

昨秋、作ったブラックウオッチのコートの
薄手ヴァージョン。

春から初夏にかけて活躍しそうです。

image23

blogでご紹介しています

ぜひ、生地は実際眼で見て、触って
その感触を味わって戴ければと思います。

シャツもコートも採寸してお身体に
合わせてお作りします。

襟の大きさや丈の長さ、ボタンの色など
一つ一つ決めていく過程も楽しめますね。

Be a Pal!の金原さんは着こなしのアドバイスも
して下さいますから、イメージも大いに広がると
思います。

もちろん、生地をご覧戴いて妄想を膨らませて
戴く(笑)だけでも大丈夫です!

どうぞお花見がてらお気軽に遊びにいらしてくださいね。

お会いできること、楽しみにお待ちしております。

image22

★シャツの他、薄手の生地で作るワンピース、
スプリングコートも承ります。

★一度作って下さった方は採寸不要ですので
お時間とりません。

HP特集 

Be a Pal 関連記事 
店主がこれまでオーダーしたシャツや昨秋の展示の様子など
ご覧いただけます。

日時:3月30日(木)から4月3日(月)
12時から18時

場所:ギャラリーKAI

☆お好きな生地をお選び戴き、おひとりおひとりの
身体に合ったサイズ、デザインでお作りします。

☆お手持ちのシャツで形が気に入っているというものが
あれば、お持ちください。
それに沿った形でオーダーを進める
ことも可能です。

☆納期は約1か月ほど戴きます。
完成後にお送りします。

 男性、女性ともに基本は16000円。(税・送料別)

 お子様用の小さなサイズも承ります。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ギャラリーの場所は、ソメイヨシノの発祥の地。
江戸時代には園芸の中心地でした。
近くには、枝垂桜の名所・六義園や
染井霊園などがあり、お花見にお勧め。
ぜひお散歩もお楽しみください。
周辺の地図もご用意してお待ちしています。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛
第145号 2017年3月8日

こんにちは。
ギャラリーKAIの小林です。

3月に入り、日一日と日差しは温もりを
増してきました。

ご近所の塀越しに見えるミモザの木は
油絵のようにくっきりと、黄色の
色彩を私の目に焼き付けています。

春はもう、すぐそこ。

自然からのサインがきらめくたび、
ココロ躍る今日この頃です。

本日のKAI覧版は、春のギャラリーと
今年1年の企画展のお知らせです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Be a Pal! シャツのマルシェ vol.2

シャツ一枚でさらりと出かけていく

いつもの見慣れた仕事場

お気に入りのお店のショーウインドウ

大切なあの人に会いに行く夕べ

そして、異国の路地を歩いている
自由なひと時

色々なシーンにいる自分に思いを巡らすと
ちょっとだけ新しい自分に出会える。

Be a Pal!が、春の新しいコレクションと
ともに再びギャラリーにやってきます。

フランスの旅の途上で出会った
生地をはじめ、リバティの春らしい
柄もの、ビジネスライクな白やストライプの定番
など約80~100種類の生地が揃います。

シャツの他、薄手の生地で作るワンピース、
スプリングコートも承ります。

HP特集 →http://gallerykai.com/?page_id=931

日時:3月30日(木)~4月3日(月)
12時から18時

場所:ギャラリーKAI

☆お好きな生地をお選び戴き、おひとりおひとりの
身体に合ったサイズ、デザインでお作りします。

☆お手持ちのシャツで形が気に入っているというものが
あれば、お持ちください。
それに沿った形でオーダーを進める
ことも可能です。

☆納期は約1か月ほど戴きます。
完成後にお送りします。

 男性、女性ともに基本は16000円。(税・送料別)

 お子様用の小さなサイズも承ります。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 ギャラリーの場所は、ソメイヨシノの発祥の地で
江戸時代には園芸の中心地でした。
近くには、枝垂桜の名所・六義園や
染井霊園などがあり、お花見にお勧め。
ぜひお散歩もお楽しみください。
ギャラリーでは周辺の地図もご用意して
お待ちしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★2017年・これからのギャラリーの予定です

☆着付け教室

「京都の暮らしと文化を語る会」で
お馴染みの京都西陣の呉服商・古河一秀さん、玲子さん
による着付け教室を5月から開催します。

全くお着物を着たことがないという初心者の方から
着れるけれど、復習したい、ここがうまくいかない、
帯の結び方に自信がない・・・などなど
どんな方でもお気軽にご参加ください。

何回でもご参加戴けます。

毎回、お手持ちの着物をお持ち戴いての
レッスンとなりますが、レンタルも
ご用意します。(レンタルの場合
若干のお代を戴きます。)

日程:5月13日(土)13時~17時
6月10日(土)13時~17時
7月 8日 (土)13時~17時

レッスンは大体1時間程度です。
ご都合の良い開始時間を下記からお選び
戴きご予約ください。

①13時~
②14時~
③16時~

料金:1回につき3000円

ご予約は、メールにて承ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★武田千秋 陶展

 2017年9月23日(土)~10月1日(日)

★高橋朋子 陶展

  2017年11月18日(土)~11月26日(日)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

以上、第145号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

感謝を込めて。

*日々の店主のブログ、ときどき更新中
blog       http://blog.gallerykai.com/

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

第144号 2017年1月6日

新年あけましておめでとうございます。

皆さまはどんな一年の幕開けを
お過ごしでしたでしょうか。

私は、今年、初めて母の力を借りず
一人でお正月の準備をしました。

身体が弱かった祖母に代わり、
一切の台所仕事を娘時分から
引き受けていた母が、ずっと
作り続けてきた味。

同じというわけには到底いかないけれど
「私流」を取り入れながらのお節料理作りは、
ちょっと感慨深いものがありました。

引き継いでいくものと
新しく作り上げていくもの。

そんなことが今年一年のテーマになりそうです。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

では、早速、2017年第1号のメルマガを
お送りします。

毎年、ギャラリーの恒例行事となりました
「京のお正月を味わう会」のご案内です。

今年は、ご参加くださった方に私から
お年玉プレゼントもご用意しています。

どうぞお楽しみに。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「京のお正月を味わう会」

京都・西陣の呉服商・古河一秀さんが
京都の年越しと、新しい年の迎え方をお道具を
使ったしつらえを交えながら語ります。

後半は京都の商家に伝わる伝統的な
お節料理を奥様の玲子さんが作り
皆様にお召し上がり戴きます。

特に、じっくりと時間をかけてとった
昆布出汁とたっぷりの白味噌で
コトコト作るお雑煮は、京都ならでは。

毎年、このお雑煮を楽しみに
参加して下さっている方がほとんどでは!?

と思えるほど絶賛されるお味は
是非体験していただきたい逸品です。

お菓子通の古河さんが
選ぶ今年のお干菓子は、「松露」です。

古河さんが「京都で一番」と太鼓判を
押されるお味に期待が高まりますね~。

一方、お酒担当の私はといいますと
昨今通い続けている最も信頼している
某酒屋の店主にお願いして選んでもらいました。

といいますか・・ほぼ「即決」だったところが
驚きで実に爽快!

早速戴いてみると和食の甘辛い系の味に
すっと馴染んで品が良く、これは
いくらでも盃を重ねてしまいそうな・・。(笑)

どうぞご期待ください。

☆☆☆新年を祝って店主からプレゼント☆☆☆

お正月の会に参加してくださった方に
下記の本をプレゼントします。

こころもからだもきれいになる
「やさしい精進料理」

妙心寺東林院住職 西川玄房著

精進料理の本、「禅寺のおばんざい」
シリーズで、私がスタイリングを担当させて
戴きました京都・妙心寺塔頭・東林院の
ご住職、西川玄房氏の最新レシピ本です。

身近な材料を使った季節感溢れる料理が
沢山詰まった集大成の一冊です。

ギャラリーKAIが器を提供しました。

こちらでご紹介をしています。

ぜひ、普段のおかず作りの一品に加えてみて
くださいね。

「京の暮らしと文化を語る会」
~京のお正月を味わう~

日時:2017年1月22日(日)

第一回:12時~14時
第二回:15時~17時

(どちらも同じ内容です。)

定員:各4名

語る人:古河一秀氏

参加費:6,000円
(お節料理、お雑煮、食前酒、
お干菓子とお抹茶付き)

☆ご予約制です。お早目にどうぞ。

 お申込みは、メール、お電話にて承ります。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

以上、第144号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

今年も無事に新しい年を迎えられたことを感謝して
皆さまとご一緒にお祝いをしたいと思います。

感謝を込めて。

*日々の店主のブログ、ときどき更新中
blog       http://blog.gallerykai.com/

第143号 2016年12月5日

K┃A┃I┃覧┃版┃

こんにちは。
ギャラリーKAIの小林です。
早いもので今年も残すところあと僅かですね。
お仕事でもプライベートでも何かと
気忙しい時期の到来です。
時には気持ちを穏やかにリラックスして
明日へとつながる活力をキープしたいと思う師走。
そこで、今日は、ギャラリーKAIではお馴染み!
AEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)
認定アロマセラピストの小林彩子さんに
クリスマスにもふさわしいエピソードを持つ精油を
ご紹介して戴きます。
アンチエイジングの効果もあるといいますから
これは見逃せません!
では、早速お楽しみください。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【おだやかに深く、呼吸を整えてくれる樹脂の香り】
12月を迎え、一段と肌寒くなってきました。
一年を締めくくるパーティなどの楽しいイベントが
続いたり、お仕事に忙しい方もいらっしゃるかも
しれません。
そんな日常から離れてゆっくりしたい時にお勧め
したいのが、今回ご紹介する「フランキンセンス」。
「乳香樹(にゅうこうじゅ)」という木の、
樹脂から採れる香りです。
フランキンセンスは、キリスト生誕時に黄金と共に
捧げられた香りのひとつ。
今でも宗教的儀式で使われていますが、
焚き上げられた香りの煙は「神様とつながる」
と言われているそうです。
せわしない気持ちが落ち着き、ゆっくりと呼吸を
したくなるような香り。
フランキンセンスを香らせつつ、身体の凝りが
あるところに届くように深い呼吸を続けていくだけ
でも、緊張した身体がゆるんでいきそうです。
また、フランキンセンスをスキンケアに使うと、
肌のしわを軽減しハリを与えてくれると言われています

保湿効果のある植物油と合わせると、お手軽な
「アンチエイジング美容オイル」が簡単に作れます。
(精油の直接塗布は皮膚刺激が強すぎるので、
必ず植物油で薄めて使いましょう)
<アンチエイジング美容オイル>
●用意するもの
[顔用]
・フランキンセンス精油 1滴
・植物油 小さじ2杯(10ml)

[身体用]
・フランキンセンス精油 4滴
・植物油 小さじ4杯(20ml)

※顔用(0.5%濃度)に対して、
身体用は倍の濃度(1%濃度)になっています。
※植物油は、マカデミアナッツオイル、ホホバオイル、
スイートアーモンドオイルなどアロマテラピー専門店で
販売されている化粧品用のものを使いましょう。
食用のものを使用する場合は、「圧搾法」と書いてある
ものを使用してください。
※皮膚に異常を感じたら、使用を中止しましょう。
●作り方
ガラスや陶器の容器に入れた植物油に精油を落とし、
竹串やマドラー等でよく混ぜて出来上がり。
●使い方
乾燥を感じた部分に、優しく撫でるように塗るのが
ポイントです。
防腐剤が入っていないので使用する量だけ作り、
その日のうちに必ず使い切りましょう。
半日程度の保管をする場合は、ガラスか陶器の容器に入れ、
冷暗所で保管しましょう。
(プラスチック容器は溶ける恐れがあるので、
使用しないでください)
=================================================
QM オーガニック精油
「フランキンセンス」5ml
http://quatre-vingts.net/?p=865
価格:2000円(税別)
落ち着きのあるウッディー調の香り。
空気の浄化や精神集中(ヨガや瞑想)にもおすすめです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「京の暮らしと文化を語る会」のお知らせです
~京のお正月を味わう~
ギャラリーKAIの年明け恒例行事となりました。
京のおせち料理を味わって戴きながら
京のお正月をギャラリーで体験していただく会です。
今回のお干菓子は、古河さん曰く・・・
「京都で一番」という松露だそうです!
どうぞご期待くださいね。
日時:2017年1月22日(日)

第一回:12時~14時
第二回:15時~17時

(どちらも同じ内容です。)
定員:各4名
語る人:古河一秀氏
参加費:6,000円
(お節料理、お雑煮、食前酒、
お干菓子とお抹茶付き)
☆ご予約制です。先着4名様限定です。
お早目にどうぞ。
 お申込み、お問い合わせなどメール、
お電話にて承ります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★編集後記
以上、第143号をお送りしました。
本日も最後までお読み戴きありがとうございました。
10月の「シャツのマルシェ展」にお越し下さった方、
ありがとうございました。ご注文いただきました
お品物は全てお届けが終了しました。
改めてお礼申し上げます。
不覚にも展示会直前に脚を怪我してしまい、ご不便、
ご心配をおかけしました。
おかげさまで順調に回復し、また元通りの生活に
戻ることができました。
2017年は、気持ちもキリリと引き締めて
器展を中心に色々な催しをお届けしたいと
思っています。
これからもどうぞよろしくお願いします。
感謝を込めて。

 

第142号 2016年10月6日

K┃A┃I┃覧┃版┃

 

今でも忘れられない1枚の写真があります。
毎年帰る郷里の浜松で撮ったのだと言って
金原さんが見せてくれた写真。
そこには、赤と紺のはっきりとした
ストライプのシャツを着た彼のおばあさんが
写っていました。
その佇まいは、凛としていて
思わず私は頭が下がるような
気持ちになりました。
孫からプレゼントされたシャツを
着た彼女のすっきりとしたお姿には
99年という年月を生きてきた人にしか
着こせない着こなしがありました。
シャツを贈る人も
シャツを贈られる人も
それぞれの胸に去来する物語は
たとえその人がいなくなったあとも
生き続けています。
幾つになってもきちんと
シャツを着ている人で
いよう。
この日から私の人生の目標が一つ
加わりました。
これから歳を重ねていくほどに
私はどんなシャツに出会っていくのだろう。
着るものは、そんな深い喜びを
与えてくれるもの。
この秋の、新しいシャツとの出会いが
楽しみです。
Be a Pal! シャツのマルシェ
日時:10月13日(木)~10月17日(月)
12時から18時
場所:ギャラリーKAI
HP特集 
ブログ 
これまでに私が作って戴いたシャツなどご紹介しています。
Be a Pal!のお二人 
☆国内外から集めてきた布地の中から
お好きなものをお選び戴き、おひとりおひとりの
身体に合ったサイズ、デザインでお作りします。
☆お手持ちのシャツでこのサイズ、
形が気に入っているというものが
あれば、お持ちください。
それに沿った形でオーダーを進める
ことも可能です。
☆今回のマルシェで揃う布は、約80種類!。
布好きにはたまりませんね~。
マルシェを覗く気分でどうぞお気軽に。
 布をご覧戴くだけでもきっと楽しいと
思います!
☆納期は約1か月ほど戴きます。
完成後にお送りします。
 男性、女性ともに基本は16000円。(税・送料別)
 お子様用の小さなサイズも承ります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以上、第142号をお送りしました。
今年ラストの企画展となります。
Be a Pal!のお二人とお会いできること
楽しみにお待ちしています。
本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

 

 

第141号 2016年9月26日

K┃A┃I┃覧┃版┃

こんにちは。
ギャラリーKAIの小林です。
もうすぐ10月。
窓を開けると虫の声とともに
どこからか金木犀の甘い香りが漂います。
季節の移り変わりに沿うように、私たちの
暮らしぶりも変わります。
着るものもその一つ。
そして毎年、季節の変わり目に思うこと。
「金ちゃんのシャツの季節がやってきた!」
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
Be a Pal!は、オーダーメイドのシャツ屋さんです。
金ちゃんこと金原徹さんが、立ち上げ、今は
パートナーの綾子さんとお二人で、店舗を持たず
シャツが好き、シャツが着たい人のために
一枚一枚、その人にあったシャツを作っています。
この秋、ギャラリーで
「Be a Pal!・シャツのマルシェ」
を開催します。
Be a Pal! シャツのマルシェ
日時:10月13日(木)~10月17日(月)
12時から18時
場所:ギャラリーKAI
HP特集 こちらから   →
ブログでも 
Be a Pal!のお二人 
国内はもとより、フランスやイタリアから
集めた布地の中からお好きなものをお選び
戴き、おひとりおひとりの身体に合ったサイズ、
デザインでお作りします。
サンプルをご用意していますので
参考になさってくださいね。
ご自分のお持ちのシャツでこのサイズ、
形が気に入っているというものが
あれば、お持ちください。
それに沿った形でオーダーを進める
ことも可能です。
納期は約1か月。
男性、女性ともに16000円から。(税・送料別)
お子様用の小さなサイズも承ります。
なんといっても、「マルシェ」ですから、
どうぞお気軽に!
生地をご覧いただくだけでも大歓迎♪
実際にお手に取りながら、布の感触を
楽しんでいただければ嬉しいです。
Be a Pal!のお二人と楽しみにお待ちしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以上、第141号をお送りしました。
本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

 

第140号 2016年8月29日

K┃A┃I┃覧┃版┃

こんにちは。
ギャラリーKAIの小林です。
蕎麦日和 ~おそばと愉しむ器展~
いよいよ31日(水)からスタートします。
準備も佳境に入ってまいりました。
今回、出品して下さる作家の方は3名。
☆陶:柚木寿雄さん
先日、国立の工房にお伺いし、焼きあがった
ばかりの新作を拝見してきました。
平箱に驚くほど無造作にごろごろと入れられた
作品たち。
花器や片口やぐい呑み、一つ一つがしっかりと
存在を主張して思わず手に取ってしばらく
その感触を楽しみました。
信楽の穴窯で焼いてきたという炎色の景色が素晴らしく
ぐい呑みにぜひ日本酒を注いでみたい。
のん兵衛さんたちはきっとそそられるはず。
 どうぞお手にとってその絶妙な「軽み」と「重み」
を感じて戴ければと思います。
☆磁:高橋朋子さん
展示会が続いているお忙しい合間を縫って「蕎麦日和」
参加を快諾して下さった高橋さん。
是非にとお願いしたのが、私がここ数年来愛用している
銀彩蓮皿とシャボン液で遊んでいたときに思いついたという
「minamo」シリーズの蕎麦猪口です。
蕎麦猪口は、ぜひお蕎麦だけではなく、カップや小鉢
として使ってほしいアイテム。
ちなみに私は今、この猪口でビールをくくーっと
戴くのがマイブームです。
泡と器の肌が溶け込んて、それに見惚れていると
一日の疲れが癒されます。
皆さんのお気に入りの使い方、見つけてくださいね。
☆漆:辻 徹さん
先日、常陸大子にある辻さんのギャラリーと工房をお訪ねし、
作品を選んでまいりました。
http://blog.gallerykai.com/?day=20160726

漆掻きから販売まで一貫してご自分で手掛けるスタイルを
始めた辻さんは、漆を掻き切った後の木をどうにかして
利用できないか考えました。

そこで生まれたのが、花入れと板皿です。
漆の木を鉈で割った跡そのままに。
ダイナミックな感性と一本の漆の木に対する敬意が
込められた作品。
酒器やお椀、折敷などのアイテムとあわせて
お楽しみになさってください。
☆期間中、小松庵でお蕎麦を召し上がった方、
ワイン会にご参加戴いた方は、全作品を
5%ディスカウントでご購入戴けます。
お会計時にレシートをご提示くださいね。

日時:8月31日(水)~9月4日(日)
11時から19時

場所:小松庵総本家駒込本店・蕎学洞
http://www.komatuan.com/
豊島区駒込1-43-16
TEL : 03-3944-8385
 東京メトロ南北線駒込駅2番出口すぐ。
JR山手線駒込駅より徒歩3分

企画:ギャラリーKAI

特集ページはこちらから

2016・8月の企画展

DMご希望の方は、メールにてご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆~江戸蕎麦とワインの饗宴~☆
残席1名様です。
企画展の期間中、一日限りの小松庵スペシャル
ディナーコース料理を、ギャラリーの
空間で、ビオワインとともに味わって
戴く会です。
日時:9月3日(土)
18時開場、18時半スタート
会費:10,800円(税込)10名様限定
場所:蕎学洞
ディナーコース料理、ビオワインミニ講座、
作品解説、銀彩豆皿プレゼント付き
各お料理に合わせてビオワインをセレクトして下さるのは
ピクールの池田あゆ美さん。
この度は、コースの各お料理に合わせ、泡から白、
赤と数種類のビオワインを召し上がって戴きます。
自然派ワイン専門店ピクール
[ pcoeur ] La Cave des Vins Natures
 http://shopping.pcoeur.com
また、各作家の作品をひとつずつピックアップして、
ギャラリーKAI・小林がお話しをします。
小林がおすすめの高橋朋子さん作銀彩豆皿プレゼント付き!
残席はあと1名様です。
お申込みは、メールにて承ります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆10月のギャラリー
Be a Pal! シャツのマルシェ
日時:10/13(木)~10/17(月)
場所:ギャラリーKAI
これまで一貫してシャツを作り続けてきた
Be a Pal!が、お好きな生地、サイズ、デザインで
シャツのオーダーを承ります。
ただいま、絶賛企画進行中。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以上、第140号をお送りしました。
本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

 

第139号 2016年8月3日

K┃A┃I┃覧┃版┃

皆様、こんにちは。
ギャラリーKAIの小林です。
8月になりましたね。
梅雨明けが遅かった東京は、
早くも短い夏になりそうな予感です。
こうなると、あの灼熱の太陽がちょっぴり
恋しくなっている自分に驚いたりしています。
さて、今年はどんな思い出を作りましょうか!
それでは、8月の企画展およびワイン会の
ご案内をお送りします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆蕎麦日和
~おそばと愉しむ器展~
2016年・晩夏。
いつもの自宅ギャラリーを飛び出して
企画展を行います。
場所は小松庵総本家。
大正11年創業の江戸蕎麦の老舗です。
駒込・六義園の緑を借景にした
モダンな新店舗に移転したのは2年前。
実は、ここにもう一つ、知る人ぞ知る密かな
空間があるのです。
その名も、「蕎学洞」。
読んで字のごとく、都会に密かに息づいている
「洞窟」です。
ここを舞台に、
「おそばと愉しむ器展」を開催します。
そば猪口、豆皿、酒器、一輪挿し・・。
夏の名残を惜しみつつ
秋の風情をこの手に。。。
日時:8月31日(水)~9月4日(日)
11時から19時
場所:小松庵総本家駒込本店・蕎学洞
豊島区駒込1-43-16
TEL : 03-3944-8385
東京メトロ南北線駒込駅2番出口すぐ。
JR山手線駒込駅より徒歩3分

企画:ギャラリーKAI

出品作家:

陶・柚木寿雄
磁・高橋朋子
漆:辻徹

特集ページはこちらから

2016・8月の企画展

DMご希望の方は、メールにてご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆~江戸蕎麦とワインの饗宴~☆
企画展の期間中、一日限りの小松庵スペシャル
ディナーコース料理を、ギャラリーの
空間で、ビオワインとともに味わって
戴く会を開きます。
日時:9月3日(土)
18時開場、18時半スタート
会費:10,800円(税込)10名様限定
場所:蕎学洞
ディナーコース料理、ビオワインミニ講座、
作品解説、銀彩豆皿プレゼント付き
各お料理に合わせてビオワインをセレクトして下さるのは
ピクールの池田あゆ美さん。
お蕎麦といえば、日本酒!?
いえいえ(笑)
ぜひ、この機会にお蕎麦とワインが醸し出す
新しい世界をご堪能ください。
また、各作家の作品をひとつずつピックアップして、
ギャラリーKAI・小林がお話しをします。
そして・・・高橋朋子さん作銀彩豆皿プレゼント付き!
募集人数は10名様限定です。
お申込みはお早目にどうぞ。
お申込みは、メールにて承ります。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 以上、第139号をお送りしました。
本日も最後までお読み戴きありがとうございました。
しばらく企画展をお休みさせて戴いておりましたが
この夏から再開します。
また、みなさんにお会いできることを心より
楽しみに、お待ちしています。
 *日々の店主のブログはこちらから
blog       http://blog.gallerykai.com/

 

 

第138号 2016年7月27日

K┃A┃I┃覧┃版┃

★星の煌きをこの手に
~白洲千代子さんアクセサリー~
新緑もまぶしい初夏の午後。
ランチの待ち合わせをしていたお店に
彼女が現れた時。
久しぶりの再会に胸躍りつつも
私はその時、彼女の両頬の横で
キラキラと煌めいているものに
心を奪われていました。
思わず、開口一番に口を突いて
出た言葉が
 「素敵!
それは最近作ったの?」
すぐに、はずして見せてくれたのは
星の形をしたガラスのピアス。
耳に通す金具のところには一粒のパールが
あしらわれていて
そこからまっすぐに18金で
ガラスの星まで繋がっています。
 お昼時のレストランの
晴れやかな明るい空間を背に
キラキラと光りを集めて揺れていました。
 そして、その長さがなんとも絶妙。
 そうか。。
 この長さがポイントなのね。
 これより短くなれば可愛い方向に
傾くでしょうけどこれだけの長さがあると、
かえって大人っぽくエレガントな印象になります。
 聴けば、手元にこの星型パーツが沢山あったので試しに
作ってみたのだそうです。
 なるほど、大きさは2cmほどで小ぶりの
星なのに、透明度の高さゆえ、沢山の光を
反射します。
ガラスという素材が本来持っている清涼感に
上品なゴージャス感が加わるのも
さすが千代子さんのセレクションです。
 そこに、18金独特の柔らかみが、
軽やかさと優しさを添えています。
以来、彼女に会う度にお顔の左右でキラキラと
揺れている2つのお星さまに、私の心も揺れ続け(笑)
この度、「80 quatre-vingts」でご紹介することと
あいなりました。
さあ、これからが夏本番です。
星のキラキラパワーを引き寄せて、
元気にお洒落に暑さを楽しみましょう!
こちらは、ご注文戴いてからの制作となります。
ピアスでもイヤリングでもどちらでも
お作りできます。
実際着けてみたいという方はギャラリーに見本を
ご用意していますので、ご予約の上、
お立ち寄りください。
(8月7日(日)はギャラリーオープンdayです。
ご予約の上、お立ち寄りください。)
☆星ピアス
 素材:ガラス、パール、18金
価格:28500円(税別)
サイズ:パールから星の先端まで約5.5cm
ガラスの星は約2cm
納期:受注後約3週間

白洲千代子  星ピアス

 ☆星イヤリング
 素材:ガラス、パール、18金
価格:28500円(税別)
サイズ:パールから星の先端まで約5.5cm
ガラスの星は約2cm
納期:受注後約3週間

白洲千代子  星イヤリング 

 ギャラリーオープン:8月7日(日)12時~16時(要予約)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 以上、第138号をお送りしました。
 本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

 

第137号 2016年7月8日

K┃A┃I┃覧┃版┃

こんにちは。
ギャラリーKAIの小林です。

7月に入り、猛暑に見舞われることも
多くなりました。

それに加え、梅雨特有の湿度。

暑さと湿気のダブルパンチで身体も
気持ちもまいってしまいますね。

どことなく部屋に漂う臭いも
気になる季節です。

毎年のことながら、何とかこの鬱陶しい時期を
少しでも気持ちよくやり過ごす方法はないかしらんと
考えていたところ、アロマセラピストの小林彩子さんが
勧めてくださったエッセンシャルオイル。

それが、我らが日本原産の「ひば」です!

ボトルの蓋を捻った瞬間、かつて住んでいた
奈良の、霞みたなびく大和の青垣にしばし想いを
馳せましたが、この「ひば」は樹木の豊かな香り
だけではなく強い抗菌作用もあるとか。

梅雨の季節、特に悩ましいハウスキーピングにも
強い味方になってくれるそうです。

それでは、以下、小林さんにご紹介して戴きましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆【安定感のある、神聖な木の香り】☆☆

空気がこもりがちで、じめっとした暑さが続く時期。

この時期に向けて、日本固有の木「ひば」の香りを
ご紹介したいと思います。

ひばの和名は「ヒノキアスナロ」。

その名のとおり、主成分はヒノキチオール。

強い抗菌力を持ち、収れん、発毛促進、
防カビなどの作用があります。

建材としてはシロアリに強いことでも有名で、
中尊寺金色堂や弘前城などの歴史的建造物にも
使われています。

また、もう一つの主成分「セドロール」は、
呼吸数や血圧を安定させ、睡眠の質を上げると
いわれています。

心に対しては、

どっしりと地に足をつけたいとき、

ひとりになって静かに自分と向き合いたいとき、

ヨガの瞑想

にもにおすすめです。

森林浴を楽しむように、ひばの香りで凛とした
静かな時間を楽しんではいかがでしょう。

また、ひばの抗菌作用をハウスキーピングにも
活用してみましょう。

この時期の生ゴミのにおい対策に、
アロマ重曹パウダーの作り方をご紹介します。

=================================================

<アロマ重曹パウダー>

●用意するもの
・ひば精油  20滴
・重曹 250g

●作り方
(1)ガラス製の密閉容器(ジャムの空き瓶等でも可)に
重曹を入れ、 精油を入れます。

(2)密閉容器のふたを閉め、重曹と精油がよく混ざるように
振り混ぜれば完成です。

●使い方

ゴミ袋を交換するタイミングで、底に少量入れて使います。
においが気になるときには、一日の最後に直接生ゴミに
ふりかけても、においが抑えられます。

=================================================

「ひば」10ml

ひば (10ml)

1200円(税別)

*オンラインショップでは10mlのみのご紹介ですが
100ml 6000円(税別)のご用意もございますので
お気軽にお問合せください。

=================================================
いかがでしたか?

この重曹パウダーは活躍しそうですね。
ちなみに、10mlの瓶は約200滴分ですから
10回は作れますね~。

私は早速、ディフューザーを使って
部屋で森林浴を楽しみました。
清々しい木の香りに少し背筋が伸びたような
気がします。

これからは旅行にでかけることも多いシーズン。
家に残していくゴミがとても気になるところですが
このひば重層パウダーが力強い味方になってくれそうです。
商品についてのお問い合わせはこちらへ
toku@gallerykai.com

AEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)
認定アロマセラピストの小林彩子さんについては
こちらから

オンラインショップ 80 quatre-vingts
アロマペンダント
エッセンシャルオイル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★8月のギャラリーの予定

企画展:蕎麦を楽しむ器。

出品作家:陶:柚木寿雄
磁:高橋朋子
漆:辻 徹

日時:8月31日(水)~9月4日(日)
場所:蕎学洞 (「小松庵・駒込本店」にある地下のギャラリー)

絶賛企画進行中。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以上、第137号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

 

第136号 2016年7月6日

K┃A┃I┃覧┃版┃

 

皆様、こんにちは。
ギャラリーKAIの小林です。

7月に入り、梅雨の晴れ間にのぞく太陽の日差しも
日ごとに強くなってきましたね。

そして京都では、7月1日から「祇園祭」が
スタートしています。

祭の華といえば、「山鉾巡行」。

平成26年より「大船鉾」が復活して
現在33基。

各鉾は、それぞれの町内会が、祭にまつわる
風習や行事とともに現代まで大切に保存してきました。

1000年という長い歴史の中で
紆余曲折を経ながらも現代まで守られてきたのは
京都人の祈りや願いが込められていたからこそ。

幼い頃から祇園祭に親しんでこられた
古河さんに、思い入れたっぷりに
「祇園祭のいま」を語っていただきます。

「東京で京都時間」。

ぜひこの機会にお楽しみください。

☆今回は毎回恒例のお菓子に
加え、珍しい「お土産」をご用意しました!

それは、御菓子司・亀屋則克の
「浜土産」(はまづと)。

蛤の貝殻を開けると琥珀色の寒天。

その中心に浜納豆が一粒浮かぶ
夏の銘菓です。

実は、前回の「葵祭り」の会の時に
参加して下さった方がお話して下さった
ことがきっかけで、せっかくなので、
今回お土産につけちゃいましょうという
ことに。

この柔軟性!(笑)は京都の会ならではですね~。

併せて、夏を涼しく過ごすための京都発の
小物も併せてご覧戴きます。

日本特有の蒸し暑さをしのぐ知恵を
京都人の暮らしから感じとって下さればと
思います。
日時:7月9日(土)

第一部:13時半~15時
第二部:15時半~17時

参加費:4,000円(お茶とお菓子、お土産付き)
☆ご予約制です。
お申込み、お問い合わせなどメールにて承ります

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上、第136号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

 

 

第135号 2016年6月17日

K┃A┃I┃覧┃版┃
皆様、こんにちは。
ギャラリーKAIの小林です。

雨粒が沢山空から降ってくる朝は
一日、家にいようと決め込んで

やおら、あちらこちら片付けが
始まったり、読みかけの本を
引っ張り出してきたり。

梅雨の季節もわるくない。

そう思い始めたのはいつ頃から
だったでしょう。

皆さんは、雨の季節、どう過ごされていますか?

では、KAI覧版・第135号をお送りします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「京の暮らしと文化を語る会」
~京・祇園祭りのいま~

「京都」と聴いて、それぞれが胸に思い浮かべるトピックは
千差万別。

その中でも、このお祭りほど、「京都」を体現していると
感じるものは、他にないのではないでしょうか。

そう、「祇園祭り」です。

京都人にとって、「祇園祭り」にかける思いは
並々ならぬもの。

今回のテーマを選ぶにあたって、古河さんから
下記のような文章を寄せて戴きました。

=====================================================

今年ももう直ぐ祇園祭の季節がやって来ました。
千年あまり続いて来た祇園祭も、時代とは
無縁ではいられません。

中断した事もありました。

数年前には、大舟鉾が復活し、
戦後の先祭、後祭合同以来の
巡行復活や後祭の独立。

時代に合わせながら絶えず変化し続けています。

そんな祇園祭の今の姿をお話をさせて頂き、
京都町衆の祈りと願いを感じていただければと
思います。

=====================================================

日本は世界屈指の文化を持ちながらも、時代の変化に
つれ淘汰されるものは淘汰されていきます。

これは、今を生きている人もモノも伝統も
全てが平等にさらされること。

ただ、昔からの方法をそのまま踏襲している
だけではやがて絶えてしまう。

京都は1000年の都といいますが、一方、
新しいものをいち早く取り入れる進取の精神も
脈づいています。

だからこそ、現代の私たちは京都に通うのでしょう。

祇園祭りに見る「京都のいま」を
古河さんに語って戴きます。

毎回恒例のお菓子は、
「中村軒」の水羊羹で涼しげに。

そして今回は特別ヴァージョン、
京都ならではの「お土産」を
ご用意します。

前回の「葵祭りの会」に参加して下さった方は
ピンときていらっしゃるかも・・・!?

併せて、夏を涼しく過ごすための京都ならではの
小物も併せてご覧戴きます。

京都の涼をぜひ、お楽しみください。
日時:7月9日(土)

第一部:13時半~15時
第二部:15時半~17時

参加費:4,000円(お茶とお菓子、お土産付き)
☆ご予約制です。
お申込み、お問い合わせなどメールにて承ります

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 8月のギャラリー は・・

知る人ぞ知る江戸蕎麦の名店、
「小松庵・駒込本店」にある地下のギャラリーにて
「蕎麦」にまつわる器の展示会を行います。

日時:8月31日(水)~9月4日(日)
場所:蕎学洞

ただ今、絶賛企画進行中!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ オンラインショップ 「80 quatre-vingts 」
予告

http://quatre-vingts.net/

☆80 quatre-vingts 第二弾は、アクセサリー作家・
白洲千代子さんの新作をご紹介します。
耳元で揺れるキラキラ光線。。。ただ今準備中。

☆梅雨~夏にかけて、気持ちよく過ごせる
エッセンシャルオイル。
次号にてご紹介します。

どうぞお楽しみに!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上、第135号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

 

 

 

第134号 2016年6月2日

K┃A┃I┃覧┃版┃

皆様、こんにちは。
ギャラリーKAIの小林です。

今日は、いよいよ今週末となりました
「M-Baggy お誂えの会」及び
7月のギャラリーのご案内です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★M-Baggy お誂えの会 vol.2
~オーダーメイドの悦楽~

オーダーメイドのパンツブランド、「M-Baggy」を
主宰する中西真波さんによるお誂えの会です。

前回、開催したのは桜に彩られた4月。

「ずっと・・・・こういう服が欲しかったのです。」

それぞれがそっと抱えてきた悩みや、
私はこうありたいという秘められた夢。

そして時には自分でも気づいていない
「その人らしさ」。

そんなありたけのものを手元に引き寄せて、
生地とデザインに掛け合わせていく。

そうして一つの世界を作っていくときの
真波さんはとっても楽しそうです。

そしてそれを傍で見ている私たちも
何やら熱を帯びてきて、いつの間にか
みんなで生地と戯れているという・・。

そんな2日間が、再び、週末やってきます。

前回、仮縫い途中だった数点も遂に完成して
初お目見え。

バギーパンツだけ?と思いきや、ブラウス、
スカートにワンピース。

ぜんぜんパンツだけじゃありませんね(笑)

今回はオールシーズンでも楽しめる、薄手で
ボリュームのあるバギーパンツにぴったりの
新しい生地も揃います。

まったり、ゆったり、ビオワインを片手に
生地を眺めながら、あれこれ思い巡らすのも
一興。

どうぞお気軽に遊びにいらしてくださいね。

展示をご覧下さるだけでも大歓迎です。

春に続いて、この度もピクールさんのビオワインを
ご用意してお待ちしています。

前回の様子はこちらからどうぞ
http://blog.gallerykai.com/?day=20160405
日時:6月4日(土)
5日(日)
12時から18時

場所:ギャラリーKAI

★mitsubaya/MBaggyセレクトの生地から選ぶ
オーダーメイドパンツ。
当日は生地の販売、採寸、デザインの
打ち合わせ等を行います。

別途オーダー料金はお見積もりいたします。
生地をたっぷりと使った幅の広いパンツを
得意としていますが、他アイテムもご相談ください!

完成までに約3~4か月ほどお時間を戴きます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「京の暮らしと文化を語る会」
~京・祇園祭りのいま~

京都といえば、祇園祭り。
紆余曲折を経ながらこの千年あまり続いてきた祭りに
込められた京都町衆の祈りと願いを、京都西陣の呉服商・
古河一秀さんが語ります。

日時:7月9日(土)

第一部:13時半~15時
第二部:15時半~17時

参加費:4,000円(お茶とお菓子、お土産付き)
☆ご予約制です。
お申込み、お問い合わせなどメールにて承ります

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ オンラインショップ 「80 quatre-vingts 」
http://quatre-vingts.net/

アロマペンダントの茶色革紐タイプ、入荷しました。

春から夏に向けて、茶色の革紐が好評です。

こちらからどうぞ

アロマペンダント(茶色皮紐)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上、第134号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

第133号 2016年5月24日

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

皆様、こんにちは。
ギャラリーKAIの小林です。

5月の後半に差し掛かった途端にこの真夏の日差し!
慌てて、夏服を引っ張り出し、部屋にはブラインドを
新調しました。

梅雨前の清々しい暑さも今のうちと、公園へ郊外へと
気持ちがはやる今日この頃です。

今日は、第2回・M-Baggy お誂えの会のご案内です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★M-Baggy お誂えの会 vol.2
~オーダーメイドの悦楽~

「Baggy」とは、たっぷりとした生地を使った
ワイドパンツのこと。

これまで500着以上のオーダーメイドの
洋服作りを通して、抜群の着心地の良さと
その人らしさが最も輝く服を送り出してきた
中西真波さんが、現在行き着いたのが、バギーパンツです。

「オーダーを受けるとね、一日中その人のことを
考えているんです。」

フランス・パリでの修行時代から
今まで蓄えてきた経験と技術とセンス。

その全てをもってお一人お一人に向き合い
じっくり時間をかけながらきめ細かくデザイン、
生地を決めていきます。

今回は、以前にお受けした完成品、および
仮縫いのお洋服も展示致します。

オーダーメイドってどんなもの?と
ご覧下さるだけでも楽しいと思いますので
どうぞお気軽に。

そして、いつかは私も・・と妄想するのも一興(笑)。

パンツだけではなく、スカート、ブラウス、
ジャケットなど多彩ですので、どうぞご参考に
なさってくださいね。

春に続いて、この度もピクールさんのビオワインを
ご用意してお待ちしています。

前回の様子はこちらからどうぞ
http://blog.gallerykai.com/?day=20160405
日時:6月4日(土)
5日(日)
12時から18時

場所:ギャラリーKAI

★mitsubaya/MBaggyセレクトの生地から選ぶ
オーダーメイドパンツ。
当日は生地の販売、採寸、デザインの
打ち合わせ等を行います。

別途オーダー料金はお見積もりいたします。
生地をたっぷりと使った幅の広いパンツを
得意としていますが、他アイテムもご相談ください!

完成までに約3~4か月ほどお時間を戴きます。

*~*~**~*~**~*~**~*~**~*~**~*~*

中西真波さん プロフィール

福岡県生まれ、横浜育ち。

高校卒業後、パリの服飾専門学校、
エスモードパリに留学。
洋服の制作行程や技術を一貫して学ぶ。

帰国後、アパレル企業にてパタンナー、
既存アパレルショップの商品補正などに携わり、
100人以上のお客様の体型に合わせた服を提供。

その後、オーダーメイド服「mitsubaya」を立ち上げ、
一人で受注制作販売を始める。

10年の時を経て、2014年11月、
バギーパンツに特化した新しいブランド「M Baggy」を
立ち上げ、活動中。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上、第133号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

 

第132号 2016年5月6日

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

こんにちは。
ギャラリーKAIの小林です。

大型連休もひと息ついた頃。

大きく足を伸ばされた方も
のんびりいつもの居場所で寛がれた方も

清々しい新緑と色鮮やかな花の季節に囲まれて
思い思いの時間を過ごされたことと思います。

さて、本日は、連休明けのギャラリーの催し、
「京の暮らしと文化を語る会のご案内です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回のテーマは、「京の祭り-春」。

京都のお祭りによく出るものといえば
「剣鉾」です。

「剣鉾」?

あまり聞き慣れない言葉ですが
お祭りの行列の中で、あの、
空高~く差し伸べられている祭具です。

そういえば何となく目にしたことがあると
いう方も多いのではないでしょうか。

私もその一人ですが・・・

それがどういうものなのか、
どんな意味を持っているのか、
ついぞ知る機会がありませんでした。

この祭具は、京都、およびその周辺地域の
お祭りには特徴的なものだそうです。

今回の京都の会では、5月15日に行われる
京都を代表する祭り、「葵祭」を
例にあげながらこの「剣鉾」の不思議に
迫ってまいります。

そして、絶対外せない「お楽しみ」の
お茶の時間。

毎回のことながら、古河さんもあれやこれやと
悩んで下さった結果今回は「神馬堂」さんの
「焼きもち」に決まりました。

「神の馬」・・、屋号を聞いただけでも
今回のテーマにピッタリ!と一人盛り上がっている
私です。

こちらもどうぞお楽しみに!

「葵祭りを語る会」

日時:5月14日(土)

第一部:13時半~15時
第二部:15時半~17時 (満席)

参加費:3000円(お茶とお菓子付き)
☆ご予約制です。
お申込み、お問い合わせなどメールにて承ります。

☆第二部は満席となりました。

第一部はまだお席がございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★オンラインショップ 「80 quatre-vingts 」

春限定ブレンド
「ティートリークリア」10ml 発売中。

1,200円(税別)

スッキリと爽やかな香りとご好評を戴いています。

5月末までの限定販売です。この機会にぜひどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★今後のギャラリーの予定

6月4日(土)5日(日)第二回 M-Baggyお誂えの会

4月にご注文戴いたお洋服の仮縫いと併せ、第二回の
お誂えの会を行います。

詳細はまた次号で。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上、第132号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

 

第131号 2016年4月19日

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

こんにちは。
ギャラリーKAIの小林です。

春の夕暮。

お気に入りの散歩道は、近くの川原。

土手に、あれだけ顔をのぞかせていたつくしたちも
一日毎にぐんぐん伸びる野草たちに
いつしか紛れ、名もしれない花たちが
いっせいに春を主張し始めました。

春・爛漫。

皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

本日は、ギャラリー恒例、茶話会のお知らせです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「京の暮らしと文化を語る会」
~京・皐月 葵祭りの頃~

「京」のあたりまえの暮らしを
京都・西陣の呉服商・古河一秀さんが語る会、
5月は「葵祭りを中心とした京のお祭り」が
テーマです。

春桜が過ぎると、新緑の美しい5月。

秋と並び、日本各地でお祭りが
行なわれる季節です。

東京でいえば、神田祭、浅草三社祭、山王祭。

対し京都はといえば・・・そう、「葵祭」です。

テレビのニュース等でちらりとご覧になったことの
ある方も多いのではないでしょうか。

「葵祭」は、古くは「賀茂祭」といい、
下鴨神社と上賀茂神社の例祭で、
5月15日に行われます。

神輿ワッショイ!のお江戸が「動」であるなら
平安絵巻とみまがうほど優雅で華やかな
このお祭りは、「静」でしょうか。

そこには、古来より受け継がれてきた
精神世界が深く根ざしているといいます。

祭りから紐解かれる我々日本人のルーツを求める旅へ。

季節にちなんだ京菓子とともにお楽しみください。
日時:5月14日(土)

第一部:13時半~15時
第二部:15時半~17時

参加費:\3,000.-(お茶とお菓子付き)
☆ご予約制です。
お申込み、お問い合わせなどメールにて承ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以上、第131号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

 

 

 

 

第130号 2016年4月8日

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

こんにちは。
ギャラリーKAIの小林です。

東京は、桜の園から青葉へ。

街路樹の若葉が青空に照り映えて
お出かけを楽しみたい季節となりました。

と、言いつつ・・・マスクが手放せないという方も。

そんな、春本番の今だからこそ、お勧めの
エッセンシャルオイル。

それが、春限定ブレンド「ティートリークリア」です。

さあ、一体どんな香りなのでしょう。

そして、今の時期に試してみたい
マスクスプレーとは・・?

本日は、AEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)
認定アロマセラピストの小林彩子さんにご紹介
戴きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆春限定ブレンド「ティートリークリア」☆☆

【ずっと嗅いでいたくなる、スッキリと優しい香り】

この時期は季節の変わり目で、なんとなくスッキリ
しない方もいらっしゃるのではと思います。

そんなときに使っていただきたいのが、
限定ブレンドの「ティートリークリア』。

ずっと嗅いでいたくなるような、スッキリと
優しい香りです。

その秘密は、

柑橘とハーブの絶妙なブレンドのバランス
にあるのです。

香りのメインに使われている
「ティートリー」と「ユーカリラディアータ」。

どちらもオーストラリアが原産で、先住民族の
アボリジニが昔から使っていたハーブです。

さらに、スッキリした香りの代表格「ペパーミント」
も加わっています。

スッキリした香りだけをまとめてしまうと、
ツーンと鋭い香りにもなりがちですが…

そこにブレンドされているのが、
「ラバンディングロッソ」と「レモン」。

「ラバンディングロッソ」は
ラベンダートゥルー(真正ラベンダー)と
スパイクラベンダーの交配種。

一般的なラベンダーであるラベンダートゥルー
と比べると、甘さ控えめでシャープな香りです。

さらに、親しみのある「レモン」の香りが加わり、
マイルドで優しい香りに仕上がっています。

「ティートリークリア」はペンダント用として
使うのはもちろん、気持ちをリフレッシュしたい時、
お部屋に香らせるのもおすすめです。

また、スプレーを作って、マスクやハンカチに
シュッと吹き付けて使うこともできます。

=================================================

<マスク・ハンカチスプレー(50ml)>の作り方
●用意するもの
・ティートリークリア精油  3~5滴
・無水エタノール 小さじ1(5ml)
・精製水 45ml
・スプレーボトル50ml用

●作り方
(1)容器に無水エタノールを入れ、
そこにティートリークリア精油を3~5滴加え、よく混ぜます。
(2)精製水を加えさらによく混ぜれば、スプレーの出来上がり。

=================================================

春限定ブレンド
「ティートリークリア」10ml

限定ブレンド ティートリークリア (10ml)

\1,200.-(税別)

5月末までの限定販売です。

=================================================
いかがでしたか?

実は、私にとって「ティートリー」と
「ユーカリラディアータ」は、
個性が強く、量の調整が難しいエッセンシャル
オイルの一つです。

でも、他の香りとブレンドされることにより
長い時間使える清々しい香りになりました。

春から初夏にかけてもふさわしいエッセンシャルオイルです。

今回、このテキストを書いて下さった小林彩子さんは、
ガラス作家・羽鳥景子さんの個展の際、
「クリスマス、聖書にまつわる香りでスプレー作り」
という素敵なワークショップをして下さった
アロマセラピスト。

「80 quatre-vingts」で販売しているエッセンシャル
オイルは、全て小林さんに監修をお願いしています。

これからも、その季節ならではのお勧めの
エッセンシャルオイルの「ツボ」を小林さんに
メルマガで語って戴きますのでどうぞ
お楽しみに!

小林彩子さんについてはこちらから

hatori6


オンラインショップ 80 quatre-vingts
http://quatre-vingts.net/

アロマペンダント

アロマペンダント

エッセンシャルオイル
http://quatre-vingts.net/?cat=26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「80 quatre-vingts 」オープン記念のプレゼント

アロマペンダント&エッセンシャルオイルをセットでご購入
戴いた方には、無水エタノール10mlをプレゼント
します。

この無水エタノールは、アロマペンダントの洗浄に
使うものです。

本日ご紹介しましたスプレーにもご活用ください。

ご使用方法はこちらへ

アロマペンダント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★今後のギャラリーの予定

5月14日(土)
「京の暮らしと文化を語る会 ~京の夏の暮らし~」

6月4日(土)5日(日)第二回 M-Baggyお誂えの会

詳細はまた次号で。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以上、第130号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

 

 

第129号 2016年3月31日

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

こんにちは。
ギャラリーKAIの小林です。

この度、オンラインショップ「80 quatre-vingts 」
をオープンいたしました。

http://quatre-vingts.net/

「80 quatre-vingts」は、ギャラリーKAIが
ご紹介している作家やアーチストの作品の中から、
店主が厳選したものをご紹介し、販売するサイトです。

第一弾は、ガラスの「アロマペンダント」です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アロマテラピー。

それは、植物の香りのはたらきを、私たちの心と
身体の健康のために役立てること。

そして、このアロマテラピーを毎日、手間をかけず
簡単に取り入れられる術。

それが「アロマペンダント」です。

日々、ありとあらゆるストレスを受けてしまうのは
現代に生きる私たちの必然。

そのストレスにしなやかに向き合い
美しく、健やかに前を向いて
自分らしい人生を謳歌していく方たちのために。

この「アロマペンダント」が毎日の暮らしの
良きパートナーになってもらえたらいいなと
思っています。

詳しくはこちらから。

アロマペンダント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★エッセンシャルオイルは毎日使うものだから
安心なものを。
http://quatre-vingts.net/?cat=26

「アロマペンダント」と併せ、エッセンシャルオイルを
販売します。

エッセンシャルオイルを選ぶ時の最重要ポイント、
それは、100%植物から抽出された天然の
エッセンシャルオイルを選ぶことです。

「アロマオイル」と称して、安価に販売されている
合成香料はアロマテラピーには使えません。

「80 quatre-vingts」がご提供する定番の
エッセンシャルオイルは、英国のオーガニック認証を
受けた100%ピュア&ナチュラルな製品です。

詳しくはこちらから

hatori6


★今後は、定番品と併せ、季節限定の
エッセンシャルオイルをご紹介してゆきます。

4月は、花粉で苦しんでいる方々に嬉しい
エッセンシャルオイルです。

詳細は次号のメルマガで。

どうぞお楽しみに!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「80 quatre-vingts 」オープン記念のプレゼント

アロマペンダントとエッセンシャルオイルをご購入
戴いた方には、無水エタノール10mlをプレゼント
します。

この無水エタノールは、アロマペンダントの洗浄に
使うものです。

他の種類のエッセンシャルオイルを使いたい時にも
ご利用ください。

ご使用方法はこちらへ

アロマペンダント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「アロマペンダント」&エッセンシャルオイルは
ギャラリーに常設しています。

今週末開催予定のM-Baggyの会でもご覧戴けますので
併せてお楽しみください。

http://blog.gallerykai.com/?day=20160330

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以上、第129号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

 

第128号 2016年3月29日

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

皆様、こんにちは。
ギャラリーKAIの小林です。

KAI覧版の前号でご案内しました中西真波さん主宰・
M-Baggy お誂えの会。
http://blog.gallerykai.com/?day=20160318

いよいよ今週末となりました。

布好き、生地好きの私としては、
もう、待ちきれず、準備に大忙しな真波さんをつかまえて
どんな布たちがギャラリーにやってくるのか、
ちょっとお聞きしてまいりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★M-Baggy お誂えの会
~オーダーメイドの悦楽~

まずはヨーロッパ産から。

特にイタリアの夏、晩夏を意識した
個性ある布たちの色は、白、クロの軽い色合い。

目を閉じると、私の瞼には地中海の青い海に
煌めく太陽が映ります。

デザインは、フォークロア調やリボン
が織り込まれた布地。
これは、キュートかつクールな大人の
女性の着こなしを誘うよう。

イギリスからは、バーバリの生地が。

実は、私、ちらりと拝見したのですが
これは、それまでのバーバリのイメージを
一気にくつがえす鮮やかな絵柄です。

ヨーロッパの老舗って懐が深いことを
まざまざと実感いたしました。
この目で見るのが待ち遠しい。

そして、我が日本からは
久留米の絣。

真波さん曰く
「青とクロと紫と。
爽やかな中に深みのある熟した色。」

蒸し暑い日本の夏に、さぞ清涼感を
運んでくれることでしょう。

暑いといえば・・・今年1月に真波さんが
訪れたインド。

2月の会で、私は黒の刺子の生地でスカートを、
淡い優しい風合いのレースでブラウスをオーダーしました。

今回、仮縫いをして下さる予定で
どんなふうな形になっていっているのか・・・
その過程を体験できるのもオーダーの醍醐味の
一つですね。

特にレースはそれを見た瞬間、何かが
私の中に降りてきてしまい(笑)、真波さんと
相談しながら細かい形を決めていきました。

力を持っている布に喚起されて。

そんな新鮮な体験をさせてくれたインドの布地は、
夏向きの爽やかなコットンに加え、
純粋なパシュミナ100%の最高品質の
ストールがお目見えします。

実際に現地を訪れた真波さんの目で
選ばれた確かなものたち。

ぜひ、真波さんのインドお土産話も楽しみに
なさってくださいね。

そして・・・・急遽決まりました絵画の展示!
★★★インドのアーチストによる巨大宗教細密画を展示します★★★

真波さんは、インドを訪れた際、様々な伝統工芸の作家や
アーチスト、職人たちのアトリエを訪ね創作の現場を
見て廻ってきました。

そんな中で出会ったのがインド人のアーチスト・タンマイ氏。

彼は、シルクの生地にインドの伝統的な宗教細密画を
描くことで知られ、オリッサ州都ブバネシュワール空港の
壁画制作なども手がけるトップアーチストです。

彼の代表作である宗教画2点を、今回特別に
2日間だけ、展示させて戴けることになりました。

あくまでも美しく、優雅に描かれた
インドの奥深い精神世界をこれを機に
是非体感して下さればと思います。

外は桜。

そしてギャラリーに一歩入れば
そこは、東西、様々な文化が織りなす迷宮。。

どうぞお花見がてらゆっくりのんびり
遊びにいらしてくださいね。

当日は、1月の「京のお正月の会」でもお出しした
ピクールさんのビオワインと、インド風チャイを
ご用意して皆様をお待ちしています。

どうぞお楽しみに!

日時:4月2日(土)3日(日)
12時から18時

場所:ギャラリーKAI

★mitsubaya/MBaggyセレクトの生地から選ぶ
オーダーメイドパンツ。
当日は生地の販売、採寸、デザインの
打ち合わせ等を行います。

別途オーダー料金はお見積もりいたします。
生地をたっぷりと使った幅の広いパンツを
得意としていますが、他アイテムもご相談いただけます。

男性陣も大歓迎です!

★ギャラリーのある駒込・染井は、「ソメイヨシノ」発祥の地。
六義園や染井霊園など、桜の名所が随所にある土地柄です。
ギャラリーにはマップもご用意していますので、お花見も
合わせて是非どうぞ。
*~*~**~*~**~*~**~*~**~*~**~*~*

中西真波さん プロフィール

福岡県生まれ、横浜育ち。

高校卒業後、パリの服飾専門学校、
エスモードパリに留学。
洋服の制作行程や技術を一貫して学ぶ。

帰国後、アパレル企業にてパタンナー、
既存アパレルショップの商品補正などに携わり、
100人以上のお客様の体型に合わせた服を提供。

その後、オーダーメイド服「mitsubaya」を立ち上げ、
一人で受注制作販売を始める。

10年の時を経て、2014年11月、
バギーパンツに特化した新しいブランド「M Baggy」を
立ち上げ、活動中。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上、第128号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

 

 

第127号 2016年3月18日

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

皆様、こんにちは。
ギャラリーKAIの小林です。

ここ数日、東京はぽかぽか陽気。

地下鉄に乗り合わせた人々の、
上着の下にのぞくのはセーターからコットンのシャツへ、
コートもウールからトレンチへと、一気に春モードへと
加速しています。

ココロは春の装いにときめいて。

今日はそんな季節に嬉しい4月のギャラリーのご案内です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★M-Baggy お誂えの会
~オーダーメイドの悦楽~
http://blog.gallerykai.com/?day=20160318

「Baggy」って何?

と思われた方も多いかもしれません。

それは、たっぷりと生地を使ったワイドパンツのこと。

M-Baggyを主宰する中西真波さんは、
店舗を持たないスタイルで
これまで500着以上の
オーダーメイドの洋服を作ってきました。

中でも彼女自身がこだわりを持って作ってきたのが
バギーパンツです。

「パンツは、カジュアルに扱われ易いけれど、
ワイドなパンツは、生地をたっぷりと使って、
足の動きに合わせてゆらゆらと泳ぐ。

その動きが、
とってもエレガント。

ワンピースを着るくらいの女性らしさがあるのです」

と中西さんは言います。

私もちょうどパリ展示会の準備に明け暮れていた去年の今頃、
バギーパンツに出会い、オーダーしました。

おかげで、長時間のフライトも、現地での
ギャラリー巡りや展示会の時も
大活躍。

体型に合ったパンツの着心地の良さ。
上に合わせるものによって
カジュアルにも、エレガントにもなり、
身体の線もきれいにみせてくれる。

以来、オーダーメイドの悦楽にはまっています。

当日は、中西さんがこれまで各地を旅して
集めてこられた、フランス、イタリア、
インドの生地、そして日本では、
久留米絣など様々な布を展示します。

また、インドの上質な「パシュミナ」も
ご覧戴きます。

先日、サンプルを拝見しましたが、
その肌触りはもうとろけるよう。

パシュミナのクオリティの高さに
圧倒されました。

どうぞまずは、お気軽に、
色々な出自を持つ布たちに会いに
遊びにいらしてくださいね。

そして、お気に入りの一枚を見つけたら
サイズやデザインまで細かな相談をしながら
一枚の洋服を仕上げてまいります。

パンツ以外のアイテムも、承ります。

ちょうどこの頃は、桜も満開ですね~!

六義園のしだれ桜、染井霊園の桜。

お花見がてらにどうぞ。

当日はウエルカムドリンクをご用意して
お待ちしています。

日時:4月2日(土)3日(日)
12時から18時

場所:ギャラリーKAI
*~*~**~*~**~*~**~*~**~*~**~*~*

中西真波さん プロフィール

福岡県生まれ、横浜育ち。

高校卒業後、パリの服飾専門学校、
エスモードパリに留学。
洋服の制作行程や技術を一貫して学ぶ。

帰国後、アパレル企業にてパタンナー、
既存アパレルショップの商品補正などに携わり、
100人以上のお客様の体型に合わせた服を提供。

その後、オーダーメイド服「mitsubaya」を立ち上げ、
一人で受注制作販売を始める。

10年の時を経て、2014年11月、
バギーパンツに特化した新しいブランド「M Baggy」を
立ち上げ、活動中。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上、第127号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

 

 

 

第126号 2016年3月4日

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

皆様、こんにちは。
ギャラリーKAIの小林です。

今や梅は花盛り。

芳しい香りが風に乗り、町に山に
春を呼んでいます。

そろそろ桜の開花予想などに気を揉む
季節となりました。
花の季節はもうすぐですね!

今日の回覧版は、前号に引き続き「京のお雛さん」の会の
募集のお知らせです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★「京の暮らしと文化を語る会」
~京のお雛さん~

「京」のあたりまえの暮らしを
京都・西陣の呉服商・古河一秀さんが語る会、
3月は「京のお雛さん」がテーマです。

日時:3月12日(土)

第一部:13時半~15時
第二部:15時半~17時 (満席)

参加費:\3,000.-(お茶とお菓子付き)

第二部は満席ですが、第一部にはまだ
お席がございます。

「お雛さん」といえば、「十三詣り」。

代々受け継いでこられた大人になるための
大切な行事とは。

そして京都人にとって、ここのお雛さんを
飾ることが夢・・と言われる京雛の老舗のお話、
桃の節句のしつらえの東西の違いなど
この度も古河さんがたっぷりと語ります。

そして、お雛さんにちなみました京都の和菓子も
ご用意します。どうぞこちらも
お楽しみに!

☆ご予約制です。
お申込み、お問い合わせなどメールにて承ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★春のギャラリーのお知らせ

4月2日・3日:M-baggy 受注会
~オーダーメイドの悦楽~

生地選びから、仮縫い、縫製まで完全オーダーメイドで
洋服を作って下さる中西真波さんをギャラリーにお迎えして
受注会を行います。

自分の理想の服を探し求めていた私が出会った
一着。それはバギーパンツでした。。。

続きは次号のメルマガで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上、第126号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

 

第125号 2016年2月17日

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

皆様、こんにちは。
ギャラリーKAIの小林です。

東京では、春一番が吹きましたね。

寒暖の差が激しくまだまだ油断のならない
日が続いていますが、よく晴れた日の
真っ青な空から降り注ぐ陽射しは、日ごとに
明るさを増しています。

一歩一歩、春は近づいていますね!

そして・・・春一番の行事といえば、
「お雛祭り」です。

幾つになっても、永遠に女子の心をくすぐる
「お雛さん」・・。

今日の回覧版は、「京のお雛さん」の会の
お知らせです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「京の暮らしと文化を語る会」
~京のお雛さん~

「京」のあたりまえの暮らしを
京都・西陣の呉服商・古河一秀さんが語る会、
3月は「京のお雛さん」がテーマです。

日時:3月12日(土)

第一部:13時半~15時
第二部:15時半~17時

参加費:3,000円(お茶とお菓子付き)
毎回、この会を重ねていく度、狭い国土の
日本で、関西と関東では、これほどまで
生活や風習の違いがあることに、いつも目を見張ります。

「お雛さん」もその一つかもしれません。

この時期行われる、京都人にとっては
人生の節目とも言える大切な行事「十三詣り」の
お話をはじめ、京都に伝わる桃の節句のしつらえなど
「京のお雛さん」にまつわるお話をたっぷりして戴きます。

勿論!
毎回のお楽しみ、京都ならではのお菓子も
ご用意します。

お雛祭りのお菓子といえば、「ひちぎり」。
個人的に私はとっても好きなお菓子なので
密かに楽しみにしています。

今年はどちらのお店の「ひちぎり」を戴けるか・・・
ただ今、古河さん選定中です。
楽しみになさっていてくださいね。

週末の昼下がりに、京都の和菓子を戴きながら、ここ東京で
「京都時間」を過ごして下されば嬉しいです。

☆ご予約制です。
お申込み、お問い合わせなどメール、お電話にて承ります。

 

第124号 2016年1月14日

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

皆様、こんにちは。

前回のメルマガでご案内しておりました「京のお正月の会」
第一部、二部とも各1名ずつキャンセルが出ましたので、
追加募集いたします。

京都のお家に代々伝わるおせち料理を、
東京で、愛で味わう貴重な時間をぜひ体験
して戴けたらと思います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★「京の暮らしと文化を語る会」
~京のお正月を味わう~
日時:2016年1月17日(日)

第一回:12時~14時   (残席1名)
第二回:15時~17時 (残席1名)

(どちらも同じ内容です。)

定員:各5名

語る人:古河一秀氏

参加費:\6,500.-
(お節料理、お雑煮、食前酒、
お干菓子とお抹茶付き)
☆ご予約制です。お早目にどうぞ。

お申込みは、メール、お電話にて承ります。

詳しくはこちらをどうぞ
http://blog.gallerykai.com/?day=20160108

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上、第124号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

*日々の店主のブログはこちらから
blog       http://blog.gallerykai.com/

 

第123号 2016年1月7日

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛
年が明けてはや1週間が経ちました。

ハレとケの日の区別は、昔ほどでは
ないものの、日常が戻ってどこかホッと
している自分がいます。

「一年の計は元旦にあり」と言いますが、
この新鮮な気持ちを日常から失わないように。

そんなことを胸に刻む年の初めです。

今までとこれからの出会いに感謝を込めて

どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★「京の暮らしと文化を語る会」
~京のお正月を味わう~
「京」のあたりまえの暮らしを
京都・西陣の呉服商・古河一秀さんが語る会、
1月は「京のお正月」がテーマです。

会は二部構成。

前半は、古河さんによる、新年を寿ぐしつらえ、
暮れから元旦にかけての風習を語って戴きます。

後半は、古河玲子さんによる素材にこだわった
お節料理数品と白味噌に丸餅の京都ならではの
お雑煮をお召し上がりください。

毎年、この会を重ねていく度、「商人」の街・京都を
支えてきた京都人の知恵と工夫、そして覚悟さえ
透けてみえてまいります。

古河家が代々大切に引き継いでこられたお正月を
是非、ここ東京にて、味わい、体験してくださればと
思います。

日時:2016年1月17日(日)

第一回:12時~14時   (残席3名)
第二回:15時~17時 (残席0・キャンセル待ち)

(どちらも同じ内容です。)

定員:各5名

語る人:古河一秀氏

参加費:\6,500.-
(お節料理、お雑煮、食前酒、
お干菓子とお抹茶付き)
☆ご予約制です。お早目にどうぞ。

お申込みは、メール、お電話にて承ります。

==========================

飲み物担当の私は、何を合わせようか
毎年悩ましいところなのですが、今年は
ビオワインに決めました!

昨年の暮れ、自然派ワインのお店 pcoeurさんの
試飲会に臨み、あれやこれやと飲み比べ。
オーナーの池田あゆ美さんのご意見も伺いながら、決めて
まいりました。おせち料理を引立ててなお美味なる
ワイン♪

こちらもどうぞお楽しみになさってくださいね。

(お酒が苦手な方には、お茶をご用意します。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★アロマペンダント・オンライン・ショップ
ただ今、準備中です!

ガラス作家・羽鳥景子さんが作る
香るペンダント「アロマペンダント」を
オンラインショップで販売開始します。

開設準備が整い次第、お知らせします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上、第123号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

*日々の店主のブログはこちらから
blog       http://blog.gallerykai.com/
*本メールは以前にメールアドレスを教えて戴いた方に
お送りしています。

今後、ご案内等必要の無いという方は大変お手数ではございますが
空メールでご返信ください。

 

第122号 2015年12月2日

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

こんにちは。ギャラリーKAIの小林です。

今年もいよいよ師走。

慌ただしい冬の朝も、その凛とした空気を肌に
感じるとちょっと背筋が伸びる。
そして思いは来る年へ。。

新しい年と入れ替わるダイナミックな12月を
心ゆくまで味わいたいですね!

さて、本日は一足早い新年の催しのお知らせを
中心にお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★「京の暮らしと文化を語る会」
~京のお正月を味わう~
京都・西陣の呉服商・古河一秀さんによる
「京のあたりまえの暮らし」を語って戴く会。

新年明けての第一弾は、「京のお正月」
をテーマとした会です。

最初に、古河家に代々伝わる「祝い膳」のしつらえや
京都で迎えるお正月のお話、
後半は、古河玲子さんによる黒豆、タタキゴボウ、
数の子をはじめ、代表的なお節料理数品と
白味噌によるお雑煮をお出しします。

特にお雑煮は、じっくりとった昆布だしと贅沢に使った
白味噌のコクが絶妙なお味。
そして、京都といえば丸餅ですね。
毎年お馴染み中村軒のつきたての丸餅をご用意します。

ぜひ、この機会に、京都ならではのお正月を味わって下さればと
思います。

日時:2016年1月17日(日)

第一回:12時~14時
第二回:15時~17時

(どちらも同じ内容です。)

定員:各5名

語る人:古河一秀氏

参加費:¥6,500.-
(お節料理、お雑煮、食前酒、
お干菓子とお抹茶付き)
☆ご予約制です。今回は先着5名様限定です。
お早目にどうぞ。

お申込み、お問い合わせなどメール、お電話にて承ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★アロマペンダント・オンライン・ショップ
ただ今準備中です。

ちょうど去年の今頃、ギャラリーKAIで個展を
して下さったガラス作家・羽鳥景子さんが作る
香るペンダント「アロマペンダント」を
オンラインショップで販売開始します。

今月半ばを目標にただ今、準備中。
オープンしましたらまたお知らせします。

準備の様子はこちらから 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「やさしい精進料理」出版のお知らせ

「禅寺のおばんざい」シリーズでご一緒した
京都・妙心寺塔頭・東林院のご住職、西川玄房氏が
精進料理のレシピ本を出版されました。

身近な材料を使った季節感溢れる料理。
ご住職のスピリットが詰まった一冊です。

今回、ギャラリーKAIが器を提供しました。

詳しくはこちらからどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上、第122号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

 

 

第121号 2015年10月9日

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

こんにちは。
ギャラリ-KAIの小林です。

どこまでも青く高い空に
少しだけ色付き始めた
木の葉が見え隠れする季節。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

本日は、京都西陣の呉服商・古河一秀さんに
よる「京の暮らしと文化を語る会」のお知らせです。

「お抹茶・利き茶の会」

数種類のお抹茶を飲み比べ。
気に入ったお抹茶を点てて
京都の和菓子と一緒に楽しんで
戴く会です。

当日、古河さんがご用意して下さる
お抹茶は、「一保堂」の最高級品から
日常使いまでのお茶と「柳桜園」のもの。

どちらも京都を代表する老舗です。

また、お菓子は主菓子とお干菓子の二種類。

主菓子は、「嘯月」にお願いすることにしました。
京都の方でも手に入れることがなかなか難しい
和菓子の名店です。

最上の状態で和菓子を提供するため、予約販売のみで
引き取り時間に合わせて用意されるそう。

実は京都の会の打ち合わせをする度に和菓子の
候補としてこちらのお店が挙がり、密かに
期待していた私でしたが(笑)
今回、ついに念願叶うこととなりました。

内容はお店の方にお任せしてありますので
当日までのお楽しみですね。

お干菓子は、一子相伝の珍しいものを
ご用意下さるとのことで
美しい秋の風情を愛で味わって
戴けることと思います。

秋の一日、お抹茶の香りと季節の和菓子で
心ゆくまで口福を楽しみましょう。
日時:10月17日(土)

第1回:13時から15時
第2回:15時半から17時半

(*現在、残り3席です。)

料金:4500円
京都のお茶文化のお話と
お抹茶・お菓子付き

定員:各5名

語る人:古河一秀氏
参加ご希望の方は、メールにてご連絡ください。

先着順で承ります。

お着物でお越しの方も大歓迎です。
着付けに関するご質問なども大いにどうぞ!

 

第120号 2015年9月17日

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

こんにちは。
ギャラリ-KAIの小林です。

日中のまだ暑さが残る路地を歩いていたら
ふっと金木犀の香りが辺りをよぎりました。
秋の始まりですね。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

今日は10月の京都の会のお知らせです。
お抹茶・利き茶の会

「利き酒」という言葉はよく聞くけれど、
「利き茶」って何・・・?

と思われた方も多いのではないでしょうか。

利き酒は、数種類のお酒を飲み比べして品質を
判定すること。

それをお抹茶でやります!

といっても、判定などと堅苦しいものではありません。

色々飲み比べをして、自分の美味しい味を
見つけましょうという遊びの会です。

お抹茶の飲み比べ・・・
皆さんはご経験お有りでしょうか。

私も茶道を習っていた時分、お稽古やお茶会で
お抹茶を戴くことはよくありましたが、
一度に数種類を戴くという機会は
ありませんでした。

今でも、三時のおやつに点てて戴きますが、
気分で買ってきた銘柄なので、
実はどこの何がどんな風なお味で、
自分の好みなのかよく分からないのです。

そこで、「利き茶」の会です。

京都といえばお茶処。

日頃から茶道に親しんでいらっしゃる古河さんに
京都が長い歴史の間に培ってきた深いお茶文化の
お話をして戴き、選んできて下さったお抹茶を
数種類、飲み比べます。

そして、一番気に入ったお抹茶を点てて、
美味しいお菓子と戴きましょう。

お菓子はもちろん、京都から。
主菓子とお干菓子をご用意します。

今回は美味しいお抹茶と合わせますから
普段めったに戴けない和菓子にしようかと
ただ今楽しく検討中。

当日までのお楽しみです!

茶道を全く知らないけれど・・・
という方でも大丈夫。
古河さんが基本的なお抹茶の点て方、
飲み方など教えてくださいます。

秋の一日、お抹茶の香りと季節のお菓子を
楽しみたいと思います。

日時:10月17日(土)

第1回:13時から15時
第2回:15時半から17時半

料金:4500円(お抹茶とお菓子付き)

語る人:古河一秀氏(京都西陣・呉服商)

定員:各5名
参加ご希望の方は、メールにてご連絡ください。

先着順で承ります。

お着物でお越しの方も大歓迎です。
着付けに関するご質問なども大いにどうぞ!

 

 

白洲千代子・アクセサリー展開催中です

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

こんにちは。
ギャラリ-KAIの小林です。

たわわに雨の滴を抱えた
紫陽花たちを眺めたり

雨音を聴きながら、お気に入りの
コーヒーの香りを楽しんだり。

梅雨は、めまぐるしい日常の中で
少し立ち止まって、一呼吸できる
良い季節なのではと思ったりする今日この頃です。

皆さんは、いかがお過ごしでしょうか。

ギャラリーでは、28日から白洲千代子さんの
アクセサリー展が始まりました。

500年前のアフリカからやってきた
「めのう」もあれば、
スペイン製・蛸の缶詰のラベルもあり。

「いや、この蛸があまりに美味しかったから」

と笑う白洲さん。

そう、彼女のアンテナに触れたものは、
どんなものでもアクセサリーに変身するのです。

それは値段の高い、安いではなく、

どんなに面白くて
ウキウキして
楽しいか

が基準。
電車で、ブローチを着けていたら
目の前にいた小さな男の子がはしゃいできて
しばし楽しくおしゃべりをしたとか。

アクセサリーを身に着けたり、部屋に飾ることで
元気になったり、笑顔になれたら、嬉しい。

白洲さんはそう言います。
古今東西から集められた
パーツと自作のユニークな素材。

様々なルーツをもったパーツたちが、そこここで
活き活きと個性を放っています。

ギャラリーには等身大の鏡も置いてありますので
ぜひ、色々試して遊んでみてくださいね。

★白洲千代子さんのインタビューをブログで公開しました。

その1:「作品集」

パリ-東京で出品されているアクセサリーをご紹介しています。

その2:「おばあさまとのお出かけ」

白洲さんのおばあさまは、当代の目利きでいらした白洲正子さん。
そのおばあさまとの初めてのお出かけとは?

その3:「密かに凝ってます」

自作パーツ編。一つのパーツに色々な秘密が隠されています。

その4:「パリ展示会」

パリのギャラリーでの展示の様子をまとめています。

★白洲さんからプレゼント

動画を観てギャラリーにいらして下さった方に
白洲さんからプレゼントがあります!
先着3名様まで。
小林までお声がけくださいね。

ブログはこちらから  →
★アクセサリ-、一点一点につきイラストを描いて戴きました。
ギャラリーでこのイラスト帳を手にゆっくりとご覧ください。
ご購入戴きました方にはプレゼントいたします。
「白洲千代子・装飾事典 2015」

7/12(日)まで 7/7(火)休み
12時から18時

白洲さん在廊日:

・7月4日(土)  午後
・7月5日(日)  午後
・7月8日(水)  午後
・7月10日(金) 16時から18時まで
・7月12日(日) 午後

★DMご希望の方は、ギャラリーKAIまでメールにて
ご連絡ください。

 

 

第118号 2015年6月25日

白洲千代子・展示会のお知らせ

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

こんにちは。
ギャラリ-KAIの小林です。

5月29日から10日間にわたり
パリで開催されました白洲千代子さんの
アクセサリー展を終え、無事に帰国いたしました。

ギャラリーのプラネット・ルージュの場所は7区。

メトロ7番線のエコール・ミリテール駅から徒歩5分の
便利な場所です。

大通りから一本入った静かな通りに面しており
パリの街の喧騒から一歩引いた落ち着いた界隈。

ちょっと歩けばエッフェル塔、
足を伸ばせばアレクサンドル三世橋、
ナポレオンが眠るアンヴァリッドと
パリらしい重厚な建築物も多い地区。

築100年のアパルトマンの1階にある
ギャラリーに一歩入ると、白い壁と古いレンガに
むき出しの支柱。

常に静寂な空気を漂わせておりました。

そんなパリらしい空間で展示された
白洲さんの作品。

アンティークから自作のユニークなパーツまで、
様々な素材を使った繊細でアーティスティックな
アクセサリーは、パリの人々を驚かせたのではないでしょうか。

遠い国からやってきた日本のアーチストの手による
玉手箱のようにきらきらと光彩を放つ世界。

それを暮らしの中に取り入れる喜びと、
私たち日本人の感性を体感し、
知ってもらえるきっかけとなったならば、
嬉しいなと思っています。

さて!

パリに続いて、今月28日より、
ギャラリーKAIにて東京展開催です。

「白洲千代子・装飾事典 2015」

2015年6/28(日)~7/12(日) 7/7(火)休み
12時から18時

パリー東京と時空を超えてよりグローバルになった
白洲さんの新作展を、お楽しみに!
★DMご希望の方は、ギャラリーKAIまでメールにて
ご連絡ください。

★現在、パリ展示の様子のビデオを編集中です。
ブログ、HPなどにUPする予定です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上、第118号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。
ホームページ
http://gallerykai.com

*日々の店主のブログはこちらから
blog       http://blog.gallerykai.com/
*本メールは以前にメールアドレスを教えて戴いた方に
お送りしています。

今後、ご案内等必要の無いという方は大変お手数ではございますが
空メールでご返信ください。

 

 

第117号 2015年5月25日

白洲千代子・パリ展示会のお知らせ

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

第117号 2015年5月25日
「パリで一緒に展示会をやらない?」

去年のちょうど今頃、お声を掛けて戴いた時、
間髪入れずに思い浮かんだのが、白洲千代子さんの
アクセサリ-です。

彼女のワクワクするような遊びココロたっぷりな
アクセサリーは、きっと海を空を跳び越えた先でも
楽しんで戴けるのでは!

それから1年。
準備を進めてまいりました。

いよいよ今週末から、始まります。

場所はパリ7区。
エッフェル塔にほど近い
ギャラリープラネットルージュ。

そこで5月29日から6月7日まで、目白の
上がり屋敷さんと共同で2人展の
展示会です。

また、パリ展示に続いて東京でもギャラリーKAIにて
6月28日から個展を行います。

パリ-東京展記念に、白洲さんのインタビューも
撮りました。また追々ご紹介していければと
思っています。

展示会の詳細は
詳細はこちらからどうぞ。

ARCHIVE 2015/Jun.

現地での展示会の様子等はブログでご紹介してゆきますので
どうぞお楽しみに!

http://blog.gallerykai.com/

 

 

第116号 2015年4月9日

大山茂樹・智子 二人展開催中です。

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

第116号 2015年4月9日

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

こんにちは。
ギャラリ-KAIの小林です。

桜の開花と供に始まった大山茂樹さん、智子さんの
二人展。

東京は桜流しの風情となりましたが、
ここ、ギャラリーは楽しい器たちの
あたたかで優しい春の気に満ち満ちています。

大山さんとは、私がお店をオープンした
時からのお付き合い。

・・・ということは、もうかれこれ15年以上!

その頃からギャラリーに通って来て
戴いている方々が、今回もたくさんいらして下さっています。

今でも大事に大山さんの器を使っているというお話を
お伺いする度、器は人の暮らしと供にあることを
実感しています。

ご長男の小学校入学の記念に作った器、
赤ちゃんが生まれた時のお名前入りの器セット・・・

器を手に取ってみると、掌に心地良い触感と、
そこかしこに隠されているお二人のお茶目な遊び心に
笑みがこぼれます。

家族の歴史とともに
大切な人の笑顔とともに
ある器。
展示の様子はブログでご紹介しています。
こちらからどうぞ。

http://blog.gallerykai.com/
★大山茂樹・智子 二人展

期間:4月12日(日)まで

時間:12時から18時

11日(土)12日(日)大山茂樹さん・智子さん在廊します。
個展の特集ページはこちらからどうぞ。

ARCHIVE 2015/Mar.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上、第116号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

 

第115号 2015年3月19日

大山茂樹・智子 二人展のお知らせです。

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

第115号 2015年3月19日

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

こんにちは。
ギャラリ-KAIの小林です。

日一日と陽の光は春の気配をはらみ
明るく私たちに降り注ぐようになりました。

今日は春の展示会のお知らせをお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★大山茂樹・智子 二人展

期間:2015年4月1日(水)~4月12日(日)<4月7日(火)休み>

時間:12時から18時

東京の目白台で私が器のギャラリーを
開いて間もない頃。

一人の老婦人が入ってこられました。

華奢なお身体に清楚な出で立ちがよく似合う
その方は、足取りもゆっくりと店内を見て廻った後、
一枚のお皿を選びました。

うねる青色の地模様はさながら海の中。

遠くから泳いできたのさ

と言わんばかりのお魚に
ゆらめく水草。

手びねりのままのゆるさが
ホッとさせてくれる器。

大山智子さんの色絵皿でした。

「生活が一人になりますと
食事の時間も一人でしょう。
こんな風な・・・楽しげなお皿がいいんです。」

私はその老婦人の食卓を思い浮かべていました。

今はもう向き合って
食事を供にする人はいないけれど
毎日毎日、食事の時間はやってくる。

その時間がちょっとでも寂しくないように。
一日でも多く、いえ、一食でも多く
幸せなごはんの時間を過ごせるように。

それからかなりの年月が経ちましたけれど
私が器を選ぶ時の一つの礎となっています。

この春、3年半ぶりの大山茂樹さん、智子さんの
個展を4月1日から開催致します。

皆さんの食卓がハッピーな時間になりますように。

遊びゴコロ満載、春全開のお二人の新作、
どうぞお楽しみに!

個展の特集ページはこちらからどうぞ。

ARCHIVE 2015/Mar.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上、第115号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

 

第114号 2014年12月17日

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

第114号 2014年12月17日

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

こんにちは。ギャラリ-KAIの小林です。
早いもので今年も残すところあと半月となりました。
今年1年を振り返りつつ、新しい年への展望を
一日一日心に刻みながら過ごしたい年の暮れです。

本日のKAI覧版は、新年明けての第一弾、
新しい年を寿ぐ企画のご案内です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★2015年・1月の茶話会のお知らせです

「京の暮らしと文化を語る会」
~京のお正月を味わう~

日時:1月17日(土)

第一回:12時~14時
第二回:15時~17時

(どちらも同じ内容です。)

定員:各5名

語る人:古河一秀氏

京の呉服商・古河一秀さんによる「京のあたりまえの暮らし」を
語って戴く会、新年明けての第一弾は、昨年大変好評を
戴きました「京のお正月」をテーマとした会です。

前半は、「祝い膳」をはじめ、京都で迎えるお正月のお話、
後半は、お雑煮に加え、代表的なお節料理の数々を
古河さんの奥様、玲子さんが腕を揮って作って下さる
ことになりました。品目は・・・

黒豆
タタキゴボウ、
数の子
ゴマメ
お雑煮

の予定です。数の子もいわゆる「塩数の子」とは全く味の違う、
「干し数の子」を、黒豆は、「ぶどう豆」という丹波の
最高級品を用いて作るというこだわりよう!
昆布出汁とふんだんに白味噌を使ったお汁に、中村軒のつきたての
丸餅の入ったお雑煮は、去年皆さんがおかわりされたほどの
美味しさです。

ぜひ、新しい年を京都のお味でみなさんとお祝いしたいと
思っています。

参加費は、お一人様¥4,500.-です。
☆前回の会の様子はこちらでご紹介しています。

☆ご予約制です。今回は先着5名様限定です。お早目にどうぞ。
お申込み、お問い合わせなどメール、お電話にて承ります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上、第114号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

11月29日より始まりました羽鳥景子さんのガラス展も
14日、終了致しました。沢山の方にお越し戴き
ありがとうございました。
羽鳥さんの作品に囲まれて過ごした2週間。
私の中に眠っていたファンタジックなものが
目覚めたようです(笑)
これからの羽鳥さんの活動が大いに
楽しみですね。

巷では風邪がとても流行っているようです。
どうぞお身体ご自愛の上、佳きクリスマス
、そして新年をお迎えください。

どうもありがとうございました。
ホームページも完全リニューアルしました。
どうぞ、お時間のある時、のぞいてみてくださいね。
http://gallerykai.com

*日々の店主のブログはこちらから
blog       http://blog.gallerykai.com/
*本メールは以前にメールアドレスを教えて戴いた方に
お送りしています。

今後、ご案内等必要の無いという方は大変お手数ではございますが
その旨ご連絡ください。」
————————————————
ギャラリーKAI
小林 徳子

E-mail     dzq02114@nifty.com
URL        http://gallerykai.com
blog       http://blog.gallerykai.com/
facebook    http://www.facebook.com/tokuko.kobayashi
————————————————

 

第113号 2014年12月9日

羽鳥景子 ガラス展開催中です。

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

こんにちは。ギャラリ-KAIの小林です。
ここ数日、東京は一気に冬到来。
冷たい空気に身体もすぼみがちですね。
でも、ギャラリーに一歩入ると・・・ファンタジー溢れる
ガラス作品に心にふんわりとあたたかな灯が
ともります。

羽鳥景子さんの個展も後半に入りました。

個展期間中も新作が増え続けるという・・・
珍しいパターン!!(笑)
というのも、羽鳥さんは、午前中に工房で製作し、
午後、作品を持ってギャラリーに来て下さるから。

あのhappy p・・ピンクのブタちゃんとアロマペンダントも
続々届いています。

また、今回の作品の中で、特に目を引くのは
アートポットとガラスボウル。

ポットの中にある夢物語。それはまるで絵本の1ページを
見るかのようです。

吊り下げ型のガラスボウルは、吹いた丸いガラスの中に
ガラスで作ったサンタやツリー、トナカイなどが鎮座して
宙空に浮かんでいます。小さいものは、ガラスのツリーと
セットにもなりますから、大仰にツリーを飾らなくても
玄関やお部屋のちょっと空いた場所に置けば、珠玉の
クリスマスの演出ができますね!

個展の様子はブログでご紹介しています。

アロマペンダントは、ネットでもご購入可能です。 

羽鳥さんは、木曜日以降、在廊予定です。

どうぞ楽しみにお出かけください。

★羽鳥景子 ガラス展

日程:12月14日(日)まで(12/9 休み)
12時から18時

特集ページはこちらから。

ARCHIVE 2014/Nov.


★お知らせしておりましたアロマ・ワークショップ
は、満席となりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上、第113号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。
ホームページも完全リニューアルしました。
どうぞ、お時間のある時、のぞいてみてくださいね。
http://gallerykai.com

*日々の店主のブログはこちらから
 blog 
*本メールは以前にメールアドレスを教えて戴いた方に
お送りしています。

今後、ご案内等必要の無いという方は大変お手数ではございますが
空メールでご返信ください。
————————————————
ギャラリーKAI
小林 徳子

E-mail     dzq02114@nifty.com
URL        http://gallerykai.com
blog       http://blog.gallerykai.com/
facebook    http://www.facebook.com/tokuko.kobayashi
————————————————

 

 

第112号 2014年11月19日

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

こんにちは。ギャラリ-KAIの小林です。
木枯らしに木々の葉が舞い、街は晩秋の色を日一日と
深めてまいりました。
そろそろコートが恋しくなる季節。朝晩もかなり冷え込む
ようになりましたね。
ギャラリーKAI覧版第112号は、そんな冬に向けて身も
心も温まる作品展とワークショップのご紹介です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★羽鳥景子 ガラス展

日程:11月29日(土)~12月14(日)(12/2,9 休み)
12時から18時

「家に帰って来たときの、ほっこり、にっこりをお届け出来れば。。」

羽鳥さんに今回の個展に託す思いを伺った時に出てきた言葉です。

まさに・・あのお尻にお花が咲いているピンクのブタちゃん・・
「happy p」を目にしたらきっと、心がすーっと晴れてきて
いつしか笑顔がこぼれてる・・・。羽鳥さんのガラスは
そんな優しさと茶目っ気に溢れています。

冬にガラス・・!?なんて思うなかれ(笑)
お鍋や織部などどちらかというと土もので
こっくりとした重量感のある器が食卓に並ぶ季節ですが
私はよくガラスの器をワンポイントに使います。
漆の折敷なぞにも映えてとてもよく合いますから
とてお薦めです。

また、フラスコやビーカーの素材と同じ耐熱ガラスで
作られる作品は、比重が軽く、透明度が高く、熱に強い
という優れた実用面も持っています。

ポット、グラス、オーナメント、アロマペンダントなど
遊びゴコロと使い勝手の良さで私たちを魅了する
羽鳥さんのガラスをどうぞご堪能ください。

こちら、特集ページで詳しくご紹介しています。
個展が始まりましたら作品はブログで
ご紹介する予定です。こちらもお楽しみに。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★アロマ・ワークショップのお知らせ

今回の個展では羽鳥さんにアロマペンダントをはじめとした
アロマを暮らしで楽しめる作品の数々を作って戴きます。
そこで、アロマテラピーインストラクターの小林彩子さんを
お招きしてアロマテラピーのワークショップを開催します。

~クリスマス、聖書にまつわる香りでスプレー作り~
キリスト生誕時に東方の三博士から贈られた聖なる香りとは・・・・?

香料が高価だった時代、聖書の中には実に沢山の香りが出てきます。
そんな古くから続く精油の香りを中心に味わって戴きながら
ご自分の好きな香りでオリジナルのルームスプレーを作るワークショップです。

本講座では精油の基本的な使い方をはじめ、寒い季節ならではの身体を
あたためてくれる香りやクリスマスのお料理に合う香りなどなど
この季節ならではのアロマの楽しみ方も小林さんに伝授して戴きます。

また、ワークショップにご参加戴いた方にはスプレー作りで
お使い戴いた羽鳥さん特製のビーカーとマドラーをプレゼントします。
このビーカー、私も使ってみましたが、そのキレの良さは
抜群!食卓でドレッシングを入れて使いたくなる可愛いセットです。
今年はアロマの香りでちょっと洗練された大人のクリスマスを
演出してみてはいかがでしょうか。

こちらでもご紹介しています。

日時:第1回 12月 7日(日) 14時~15時30分
第2回 12月13日(土)  14時~15時30分

(両日とも内容は同じです。)

講師:小林彩子さん(AEAJ認定 アロマテラピーインストラクター)

参加費:\3,500.-(羽鳥さん特製ビーカーとマドラー付き)

定員:各日5名

持ち物:筆記用具

当日作ったルームスプレー及びビーカー&マドラーはお持ち帰り戴きます。

メールまたはお電話にてご予約を承ります。
この機会にぜひどうぞ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上、第112号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。
ホームページも完全リニューアルしました。
どうぞ、お時間のある時、のぞいてみてくださいね。
http://gallerykai.com

*日々の店主のブログはこちらから
blog       http://blog.gallerykai.com/
*本メールは以前にメールアドレスを教えて戴いた方に
お送りしています。

今後、ご案内等必要の無いという方は大変お手数ではございますが
空メールでご返信ください。
————————————————
ギャラリーKAI
小林 徳子

E-mail     dzq02114@nifty.com
URL        http://gallerykai.com
blog       http://blog.gallerykai.com/
facebook    http://www.facebook.com/tokuko.kobayashi
————————————————

 

 

第111号 2014年10月31日

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

こんにちは。ギャラリ-KAIの小林です。
気が付くと明日からは11月。
そろそろ気忙しい季節の始まりですが、
こんな時こそ季節の恩恵を心身供に取り入れて
一日、一日を大切に過ごしてゆきたいものですね!

では、ギャラリーKAI覧版第111号をお送りします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★白洲千代子・アクセサリーお誂えの会

日時:11月8日(土)、11月9日(日)
13時から16時まで

毎年の定番となりましたご好評のお誂えの会です。

お部屋の箪笥の引き出しをそっと開けてみると・・
密かに出番を待っているアクサセリ―はありませんか。

石やガラスなどのパーツや、デザインが合わなくて
身に着けられなくなってしまったアクセサリーなどを
お持ち戴き、白洲さんのパーツと組み合わせて
新たなアクセサリーをお作りします。

お手持ちが無くてもご希望のアクセサリーのご注文も可能です。
どうぞお気軽にご参加ください。

詳細はこちらからどうぞ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★羽鳥景子 ガラス展

日程:11月29日(土)~12月14(日)(12/2,9 休み)
12時から18時

ギャラリーKAI初登場のガラス作家・羽鳥景子さんの
個展です。 

職人的な確かな仕事と遊びゴコロに溢れた夢のようなデザイン。

羽鳥さんのガラス作品の数々を眺めていると、大切な
あの人へ贈ったら、きっと、とびっきりの笑顔が返ってくる・・。
そんな楽しい妄想に耽ることもしばしば・・・。(笑)

耐熱ガラスで作るポット類をはじめ、グラスやオーナメント、
アロマペンダントなどをご紹介します。
どうぞお楽しみに。

~ワークショップのお知らせです~

今回の個展では羽鳥さんにアロマペンダントをはじめとした
アロマを暮らしで楽しめる作品の数々を作って戴きます。
そこで、期間中、特別にアロマテラピーインストラクターの小林彩子さんを
お招きしてアロマテラピーのワークショップを開催いたします。

~クリスマス、聖書にまつわる香りでスプレー作り~
キリスト生誕時に東方の三博士から贈られた聖なる香りとは・・・・?

香料が高価だった時代、聖書の中には実に沢山の香りが出てきます。
そんな古くから続く精油の香りを中心に味わって戴きながら
ご自分の好きな香りでオリジナルのルームスプレーを作るワークショップです。

本講座では精油の基本的な使い方をはじめ、寒い季節ならではの身体を
あたためてくれる香りやクリスマスのお料理に合う香りなどなど
この季節ならではのアロマの楽しみ方も小林さんに伝授して戴きます。
今年はアロマの香りでちょっと洗練された大人のクリスマスを
演出してみてはいかがでしょうか。

こちらでもご紹介しています。 
日時: 第1回 12月7日 14時~15時30分
第2回 12月13日 14時~15時30分

(両日とも内容は同じです。)

講師:小林彩子さん(AEAJ認定 アロマテラピーインストラクター)

参加費:¥3,500.-(羽鳥さん特製ビーカーとマドラー付き)

定員:5名

持ち物:筆記用具

当日作ったルームスプレー及びビーカー&マドラーはお持ち帰り戴きます。

メールまたはお電話にてご予約を承ります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上、第111号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。
ホームページも完全リニューアルしました。
どうぞ、お時間のある時、のぞいてみてくださいね。
http://gallerykai.com

*日々の店主のブログはこちらから
blog       http://blog.gallerykai.com/
第110号 2014年10月10日

K┃A┃I┃覧┃版┃
━┛━┛━┛━┛━┛

こんにちは。ギャラリ-KAIの小林です。
金木犀の香る季節から木々の葉が少しずつ
色づく世界へ・・。爽やかな秋空を
見上げながら自然の移ろいにはっと気づく
今日この頃です。

では、ギャラリーKAI覧版第110号をお送りします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★小林真理・ドローイング展「PLANTS」
ただ今開催中です。

日程 :2014/10/4(土) ~ 10/19(日) <10/7, 10/14 休み>
時間 :12時 ~ 18時

大胆さと繊細さと。
一気に筆で捉えた植物のフォルムは
凛とした佇まいの中に墨の階調を
にじませながら、私たちを深い深い
「PLANTS」の世界へと誘います。

展示作品は下記の通りです。

墨によるドローイング・原画12点(52cm x 40.5cm)
墨によるドローイング・原画 7点(27.5cm x 22.5cm)
水彩によるドローイング原画 5点(27.5cm x 22.5cm)

また、この度は、個展で是非とも展示したいということで
「ボタン」を描いた大作・・・ 208.5cm x 145.5cm!!
も特別展示しております!
筆遣いの妙を存分に味わって戴くことができる作品です。
さて、ギャラリーのどこに??
どうぞ楽しみにいらしてくださいね。

☆版画を販売します。

私がぜひギャラリーKAIで個展をと
思い立ったのはいわゆる絵画専門の画廊
とは違う、自宅ギャラリーという空間で
いらして下さった方にご自分の
部屋にあるドローイングを
イメージして戴きたかったから。

和室にも洋室にもすっと馴染む
この素敵なドローイングを多くの方にお求め
安い価格でご提供できたら・・・
これは真理さんも同じ思いでした。

そこで今回特別に各ドローイングの版画を
作りました。フランス製「アルシュ」という
最高級の紙に最新の技術で刷られた版画は
原画と見まがうほど、墨の微妙な滲みから
濃淡、水彩画のカラーの発色も見事に
仕上がっています。
また、耐久性に優れ日焼けしにくいという
ことで、気兼ねなくお部屋に飾って戴けます。

ご注文戴いた方には真理さんのサインと
ナンバーを打ってお渡しします。

ギャラリーにいらっしゃいましたら
是非一枚ずつお手に取ってご覧戴ければ
嬉しいです。

BLOGで版画をご紹介しています。
http://blog.gallerykai.com/

☆ドローイングの他に真理さんが日頃書き溜めてこられた
スケッチブックや装幀された本、デザインされたCDや
アートディレクターとして作られた本なども併せ
展示しています。ぜひ、この本やスケッチブックなども
ご覧戴きながらゆったりとした時間をお過ごしください。

☆ギャラリートークを開催します。
どうぞお気軽にご参加ください。
大体の人数を把握したいと思いますので
参加される予定の方はメール戴けましたら
嬉しいです。

① 10/11(土)   15:00 「ドローイングのお話」
② 10/13(月・祝) 15:00 「ブックデザインとアート・ディレクションのお話」

どちらも1時間程度のざっくばらんなお話会です。
アートの現場の一線にいらっしゃる真理さんと
是非この機会に交流して戴ければと思っています。

小林真理・ドローイング展 「PLANTS」特集ページはこちらから。

ARCHIVE 2014/Oct.

BLOGはこちらから
http://blog.gallerykai.com/
作品のご紹介、展示会の準備や会期中の模様など
日々更新中。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ギャラリーの今後の予定をお知らせします。

*白洲千代子・アクセサリーお誂えの会

日程:11月8日(土)、11月9日(日)

*羽鳥景子 ガラス展

日程:11月29日(土)~12月14日(日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上、第110号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

ホームページも完全リニューアルしました。
どうぞ、お時間のある時、のぞいてみてくださいね。
http://gallerykai.com

*日々の店主のブログはこちらから
blog http://blog.gallerykai.com/

 

第109号 2014年9月19日

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

こんにちは。ギャラリ-KAIの小林です。
先日のスーパームーン、きれいでしたね。
日が暮れて戸を開け放していると
盛んに虫の鳴き声が聴こえてまいります。
秋の夜長を感じる季節となりました。

本日のKAI覧版は、この秋の展示会のお知らせです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★小林真理・ドローイング展「PLANTS」

日程   :2014/10/4(土) ~ 10/19(日)  <10/7, 10/14 休み>
時間   :12時 ~ 18時

お正月に送られてくるものといえば、年賀状。
送り主の趣向を凝らした数々の年賀状を見るのは
年の初めの楽しみでもあります。

その中の一枚に、私が毎年楽しみにしている
年賀状があります。

ポストカードをキャンバスに
墨の一筆でひと息に描かれているのは
その年の干支であったり、
植物や人物像であったり。

筆が走る息遣い。
立ち止まった時に
墨が作る濃淡。
そして空間の絶妙なバランス。

そこには年賀状というカテゴリーを飛び越えて
一枚の完成された作品がありました。

私はこのお葉書を戴くと、早速額縁に入れて
玄関や部屋の空いている場所、キッチンの壁に
飾ります。

そして外出する時も
帰ってきた時も

戸棚から本を取り出す時も
野菜を切る時も

この絵を眺めていました。

そして眺める度、
「植物」や「祈る人」から
立ち昇ってくるぬくもりと
凛とした佇まいに
惹きこまれている自分が
いることに気づくのです。

この世界をもっと見てみたい。

そんな思いがついに実現する時がきました。

「小林真理・ドローイング展」

ご自分の作品を毎年、年賀状にして送って
下さっていたのは、画家の小林真理さんです。

以前より、真理さんの絵を一度に観ることができる
機会を是非作りたいですね~というお話をさせて
戴いていましたが、それがこの10月に
叶うことになりました。

テーマは「PLANTS」

墨と筆で描かれた
「手のひらにのる小さな花から掴みきれない巨木まで」

真理さんの描く「PLANTS」どうぞお楽しみください。
☆真理さんは、画家でいらっしゃると同時に
ご自分で本の装丁の絵を描いたり、美術系の
書籍の出版にかかわる企画やブックデザインなど
も多く手がけられています。

個展では、真理さんがこれまで作ってこられたご本の数々も
併せてご紹介します。ぜひお手にとってご覧ください。

会期中、ギャラリートークを開催します。
どうぞお気軽にご参加ください。

① 10/11(土)   15:00 「ドローイングのお話」
② 10/13(月・祝) 15:00 「ブックデザインとアート・ディレクションのお話」
小林真理・ドローイング展 「PLANTS」特集ページはこちらから。

ARCHIVE 2014/Oct.

BLOGはこちらから
http://blog.gallerykai.com/
作品のご紹介、展示会の準備や会期中の模様など
日々更新してゆきますのでどうぞお楽しみに!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ギャラリーの今後の予定をお知らせします。

*白洲千代子・アクセサリーお誂えの会

日程:11月8日(土)、11月9日(日)

*羽鳥景子 ガラス展

日程:11月29日(土)~12月14日(日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上、第109号をお送りしました。

本日も最後までお読み戴きありがとうございました。

初の絵画の展示ということで、ギャラリーのレイアウトも
替えて着々準備中!

ホームページも完全リニューアルしました。
どうぞ、お時間のある時、のぞいてみてくださいね。
http://gallerykai.com

*日々の店主のブログはこちらから
blog       http://blog.gallerykai.com/
*本メールは以前にメールアドレスを教えて戴いた方に
お送りしています。

今後、ご案内等必要の無いという方は大変お手数ではございますが
空メールでご返信ください。
————————————————
ギャラリーKAI
小林 徳子

E-mail     dzq02114@nifty.com
URL        http://gallerykai.com
blog       http://blog.gallerykai.com/
facebook    http://www.facebook.com/tokuko.kobayashi
————————————————