SCAN0037

ARCHIVE 2014/Oct.

小林真理 「PLANTS」に寄せて

―内包する実在と宇宙 ―

子供の頃から自然に囲まれた環境の中で
Plants(植物)は常に身近な存在だった。
父とよく植物採集をして押し花にした。
大きな葉や樹木まで丸ごと押し花にしたかった。
やがて絵を描くことを覚え花や木や葉っぱをたくさん描いた。
写実ではない自分なりの宇宙観を持って眺めていた私の実体。
手のひらにのる小さな花から掴みきれない巨木まで
全てが私の宇宙なのだ。

 

 

小林真理・略歴

アートディレクターとしての仕事と、画家としての作品創りに励んでいる。
装丁家であり装画家でもある。
現代日本美術展、日米親善美術家連盟展、モダンアート展 他、国内外の美術展に出品。
個展開催も行う。
現在、デザイン制作会社(株)スタルカを主宰。
絵は和紙に墨、水彩紙にガッシュなどで一筆で一気に描く。
潔い絵とデザインを目指している。
最近では美術工芸関連の出版企画や制作に関わっている。

作品集 

小林真理さんの仕事