0707465_432_288

2016・8月の企画展

蕎麦日和 

おそばと愉しむ器展

2016年晩夏。

いつもの自宅ギャラリーを飛び出して
企画展を行います。

場所は小松庵総本家。

大正11年に駒込で創業した
江戸蕎麦の老舗です。

六義園の緑を借景にした
モダンな新店舗に移転したのは2年前。

「東京蕎麦」というコンセプトのもと、
新しい蕎麦の世界をここ、駒込より
発信し続けています。

そして、実は・・・

もう一つ、知る人ぞ知る密かな
空間があるのです。

その名も、「蕎学洞」。

 読んで字のごとく、都会に密かに息づいている
「洞窟」です。

 ここを舞台に、

 「おそばと愉しむ器展」を開催します。

 そば猪口、豆皿、酒器、一輪挿し・・。

 夏の名残を惜しみながら秋の風情を
この手に。

この企画展のために作品を
ご提供してくださる作家は

陶・柚木寿雄
磁・高橋朋子
漆:辻徹

 の3名の方です。

柚木寿雄さんは、その代表作、「石ころ」をはじめ
日常の器から花器にいたるまで、その独創的な世界を今も
精力的に切り開いていらっしゃいます。

高橋朋子さんの涼感溢れる清流のような繊細で美しい作品は、
彼女の尽きることのない純粋な探求心の賜物。
ここ数年の間、個展にお伺いしながら、
交流を深めてまいりました。

そして、漆器の辻徹さん。
国産漆生産量の第二位を誇る茨城県常陸大子で
分業制ではなく、漆の木を育てるところから販売まで一貫して
自分の手で行うというスタイルを提唱。

 漆器業界に風穴を開けんと奮闘されています。

でも、その作品はあくまで自然体。
普段の暮らしに漆器を取り戻してほしいという思いを
込めた素朴で優しい作品たちです。

 

蕎麦日和 おそばと愉しむ器展

 日時:8月31日(水)~9月4日(日)
11時から19時

 場所: 小松庵総本家駒込本店・蕎学洞

豊島区駒込1-43-16 ⇒地図
TEL : 03-3944-8385

東京メトロ南北線駒込駅2番出口すぐ。
JR山手線駒込駅より徒歩3分

企画:ギャラリーKAI

出品作家 :

陶・柚木寿雄
磁・高橋朋子
漆:辻徹

出品アイテム :そば猪口、酒器、豆皿、花入れなど。

DMご希望の方はこちらから  

詳しい情報はメルマガで。ご登録ご希望の方はこちらから 

  

☆~江戸蕎麦とワインの饗宴~☆

この日一日限りの小松庵スペシャル
ディナーコース料理を、ギャラリーの
空間で、ビオワインとともに味わって
戴く会を開きます。

日時:9月3日(土)
18時開場、18時半スタート
会費:10,800円(税込)10名様限定
場所:蕎学洞

ディナーコース料理、ビオワインミニ講座、
作品解説、銀彩豆皿プレゼント付き

ビオワインセレクト、ミニ講座:ピクール 池田あゆ美
作品のお話し:ギャラリーKAI 小林徳子
銀彩豆皿:高橋朋子作

10名様限定です。
お申込みはお早目にどうぞ。

 お申込みは、こちらから。 ⇒