ABOUT

 

ギャラリーKAIは、陶磁器、ガラス、木工、アクセサリー、
あかり、ドローイング、彫刻などCraft とArtの垣根を超えて
「心地よい暮らし」をテーマとした作品を展示販売しています。

ギャラリーKAIのKAIの元々の意味は、「塊」。
すなわち「土のかたまり」から来ています。
でも、「カイ」という音を聴いた時、人によって
思うことはそれぞれ違うのではないかしらん。
波の音をいつも聴いて暮らしている人は「貝」と思うかもしれないし、
難問を抱えている人はまっさきに「解」が思い浮かぶかもしれない。
人にはきっとそれぞれの「カイ」がある。
そんなところからあえて意味を限定しない「KAI」にしました。

陶磁器を扱うギャラリーだった当初は、私の中では「塊」
の字が幅を利かせていましたが、今ではそれもだんだん
薄れていって、私自身の中に色々な「KAI」が生まれています。

これからの新しい出会いと今までの出会いに感謝を込めて。

 

店主 小林徳子 プロフィール

大学卒業後、総合商社に勤務。
建設機械の輸出業に従事するも学生時代から好きだった
日本の手仕事に携わる仕事がしたいと、会社を辞め
東京の目白台に陶磁器を主体としたギャラリーKAIをオープン。
以後、料理本のスタイリング等も手がける。

スタイリングを担当した「禅寺のおばんざいシリーズ」。

西川玄房著 「禅寺のおばんざい」
西川玄房著 「禅寺のおばんざい・四季の膳」
西川玄房著 「禅寺のおばんざい・和座季楽」

51P30J80G0L__SL500_AA300_     4789547248_09_MZZZZZZZ    415KWPNKZVL__SL500_AA300_

京都の禅寺・妙心寺の塔頭のひとつである「東林院」のご住職
西川玄房氏による家庭でも気軽に作れる精進料理のレシピ集です。

2008年、店仕舞いし、4年間を奈良で暮らす。

2011年11月:東京駒込の自宅で「ギャラリーKAI」を再開。
以後、企画展、ワークショップ開催時のみオープン。

ギャラリーKAIは個展開催とワークショップ開催時のみオープン
しています。
看板も無く、通常は住所等公開しておりません。
ギャラリーKAIにご興味を持って下さった方、またご紹介の方にのみ
作品展や催しのお知らせをお届けしています。

もし、ご興味を持たれましたら下記よりご登録ください。
ご登録戴いた方には、メールマガジン「ギャラリーKAI覧版」の配信、
及び、催しのご案内をお送りします。

ご登録はこちらから→CONTACT